スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行3日目は一気に本州最南端を目指すルートだ!!通る県は大阪と和歌山しかないってのに、コレがなかなかの距離なんで、結構予定が押すんだよね。だから計画が破綻しそうな某人のことがちょっと心配だったけど、先に潮岬まで行ってるという荒業(チキンプレー)で見事解決!!そりゃ、現地に一番乗りすりゃ遅刻しないわな・・・・・・・










・3/27

大阪で起床。隣のアルバートは寝坊するのかよくわかんなかったが、まあ、きちんと起きてました。
飯は別だったんだけどね(笑)


さて、出発の遅い三人組(トリオ・ザ・ポケヲタとたった今命名(笑))を残し、先に旅立った。

大阪に限らず、関西の鉄道って結構柔軟なんだね。
まず、東日本では「●●線は△▽番ホーム」と普通は決まっているが、関西ではホームはかなり兼用になっている。だから、悪く言えば次の電車が何線なのか分からないが、かなり柔軟に駅が利用されている。
さらに、関西はえらい長距離路線がある。岐阜県のほうから兵庫の先のほうまでなんと4県にまたがって運行する電車がざらにあるのだ。かなり乗っている時間が長い。かなり便利だが、乗り続けると疲れるから初心者は気をつけよう。

・・・おっと、余談がすぎた。


大阪から和歌山へ直行する電車が出ていたので飛び乗った。
そして和歌山は4分でスルー(だって時間がないんだもん)。
海南駅へ。田舎かと思ってたら結構都会だった。
そのままバスに乗り込み和歌山県立自然博物館へ。


和歌山県立の博物館なんで、高校の生徒手帳を見せるとなんと無料!

<見所>
和歌山県の自然だけだが、コレが大ボリュームだ!!

・巨大ホシエイの泳ぐ黒潮水槽(ギンガメアジやカスミアジの巨大なのも群れてる)

・ハナギンチャク類やウミサボテン。結構珍しい。

・サケガシラやフリソデウオの標本。

・和歌山の魚たち。日本の魚だがコレがまた多彩!

・小さなキューブ水槽の群れ。見落とさなければかなりレアものだらけ。

・超巨大なオオサンショウウオとオオウナギ。どこでもみないほどでかい。

サラサカクレカニダマシ日本近海初の発見だって。


そんなこんなで。
結構時間ギリギリまで粘って見て、バスへ飛び乗った。


海南駅から乗り込み、海南→御坊→紀伊田辺→串本と乗り継いだ。
途中からトリオ・ザ・ポケヲタの一人Hughと合流し、対戦しながら串本へ向かった。

串本駅にはガレオスとアルバートがすでに待っていた。タイトルどおり、先に野郎どもは付いてまして。先についてりゃ遅刻は安心だね(笑)



串本の宿は、温泉に入りたいというHughの希望で温泉ホテルだった。俺の旅では贅沢すぎるほどの宿。なんと部屋は4人一緒の大部屋、しかも菓子がついていて、布団も向こうでひいてくれるという超豪華な宿!
(それでもJTBで値切って安く泊まったんですけどねw)


夕飯はバイキング。宿ででるってすごいね~
しかも地元の名物が食い放題。マグロの刺身なんか1柵分ぐらい食ったかもしれない。新鮮でうまいんだもん。
ほかにも太刀魚のから揚げやキビナゴ・タラの芽の天ぷら、筍ご飯や和歌山ラーメン(笑)など。
腹いっぱい食わせていただきました。この日は胃は悪くなかったんだね(笑)


そして温泉。塩化物泉で、硫黄分もあるようだ。結構いい湯だったよ。なんと露天風呂まで付いている。
でも、俺ぐらいだろうね。春の夜の寒い中で水風呂に浸かっているのは・・・・・
ちなみに、トリオ・ザ・ポケヲタの連中は水風呂に入ったけどギブアップしてました。

そんなこんなで夜は対戦三昧(略)




<ポケモン1>

電車の中でのHughとの対戦。

1戦目は奴が霰パ、俺がスイクンを加えたベストメンツ。
ハッサムの活躍で圧勝。
ま、奴が俺との読みあいに負けた形だね。


二戦目は俺が若干ネタに走った新参メンツ。
奴が嫌がらせ的なメンツ。

ここで 例 の 悲 劇 が起こる。

こっちの一撃必殺は6発全部外れる。
そしてなんと混乱で8回連続自滅。

ヌケニンでもコレじゃ形無しだよ・・・・・・

結論;ポケモンは運。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 海洋生物至上主義者の生物漬け日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。