スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物五輪の後輩陣は中々に有望な連中ばかりだ。…勿論俺自身も自他ともに認める天才だが(←オイw)、後輩陣は俺をもってしても感心しちまうような奴らの集合体だ。しかし、決して暗いヲタク系と言う連中ではなく、俺の話についてくることのできる面白い連中なのである。今日はそんな連中の一人、マロンが上京して東大を見に来た時のお話。









失礼、試験なので大分間が空いた。1月のイベントとしてでかいものと言えば!

そう、センター試験!…ではなく翌週の生物五輪の後輩の接待である(ってのも難だけど(笑))
生物五輪のマロン(※御年受験生)がセンターの翌週に東京に来たので、せっかくだからと言うことで俺がメインとなって接待したのである。その様子を面白おかしく綴ろう。ちなみにマロンの場合、上京の名目はリフレッシュだそうだが、果たして俺が連れまわすのがリフレッシュになったのだろうか(笑)
※サブタイトルは適当なので気にせずにw

・1月21日 ~マロン降臨~
この日は受験会場である東大構内を案内してほしいということなので待ち合わせは本郷の正門だったのだが、その日はあいにくの大雨。雨の場合、屋根のある赤門の方が都合がいいんだよね…。ってんで、正門の外でたそがれるクラゲさん(ジャケット着用、鳥打帽)はどう見ても怪しいおっさんである(笑)
奴は時間通りに来た。この日は奴のほかに直接受験会場とは関係ないリサ・のだなの3人を案内することに。かつて書いたが、この3人は諺“女三人寄れば姦しい”を体現したような連中なので、案内する俺の後ろで絶えず歓声が響くことになる。まあ賑やかでいいんだけど(笑)
俺の究極の“本郷堪能コース”を案内してやった。まず安田講堂および受験会場の工学部エリアの案内を済ませたら、残りは俺の武勇伝およびネタを語るツアーとなるのだ(笑)
理学部新旧1号館【敵地】→化学本館【敵地】→東大病院→御殿グランド→薬学部→三四郎池探索→図書館→医学部→理学部2号館【聖地】
と歩き回るのである。このコースに、俺の今までの本郷生活のすべてが詰まっているのだ!
3人に満足していただけたようだ。東大に先に入った者の面目躍如である。

その後はお待ちかね、優雅なティータイムである!(←優雅の対極にいる奴のセリフw)
池袋まで行き、ご恒例の“ティータイム難民”としてさまよった後、スタバに席を確保することができた。それから4人で暫く無駄話をしたわけだが…皆さん、飲むのはコーヒー(亀山薫タイプ)なんだな!俺は断然紅茶派(杉下右京タイプ)なのでw
またその席で生研や理生の自慢をしつつ、マロンとのだなをまた生研に誘っておいた。あくどい奴である(笑)
で、マロンの次の予定のために5時に席を外し、集合場所に向かいつつ 月 餅 を配る。これはリサとのだなに香港土産として頼まれてたものだ。俺は律儀な男である。ただし、月餅と言うのは大変に重たいものであり、リサはこの後大分胃に響いていたようだw

そのまま池袋駅で野郎を待ったのだが…いつまでたっても来ない!待ち合わせ予定の5時を1時間以上過ぎたころ、マロンが「あと40分はかかりそうです」…おい!
ってんで、俺の強権発動。残っていたリサとマロンをカラオケに連れ込み、30分の短期カラオケである。試験前に何やっているんだろうか(笑) 
気が付いてみたらマロンは俺のカラオケ初見物なのだ。誰が見ようとインパクトを与えずにはいられない歌唱力で、またANSWERとWHITE DAYS(いずれもコブクロ)を歌い、案の定(ry

そういうわけで、漸く野郎が池袋に着いたらしいので今度こそすぐに会えるのかと思いきや…マロンと其奴の意思疎通が全く取れておらず、結局出会えたのは7時15分ごろだった。以心伝心というのはよく聞くが、電話してても意思疎通が取れないという例はほとんど見な…ああ、うちの生研の洋がいたか(笑) 彼らはイケメン(※池袋の待ち合わせは面倒くさいの略w)だから”とかごまかしていたが…。
しかもこの野郎(以下、ふくしまと表記)、俺と初対面ではなく、実は俺の落語を見たことがあるそうなのだ!早い話が落研のお得意様である。大事にしなければ…。

そしてここからが厚かましいクラゲ&リサの本領発揮である。ふくしまとマロンの食事会に2人してコンタミしに行ったのだ。詳しくは書かないが、大学生活の闇を2人そろって語りまくった我々は、アベックからとてつもなく奇異の目で見られていたのだろうなあ…(笑)

1月22日 ~マロン帰還~

翌日、俺はまた呼び出されることと相成った。
どうも東京観光をしたいから、山手線沿線のおススメの水族館を紹介してくれと。この場合は絶対にしながわ水族館であろう。
ということで、急遽“クラゲさんと行く水族館紀行”の決行である。参加者は暇人クラゲ&リサ、ゲストのマロン、さらに俺の補欠の相棒(開成&麻布のアイツ)の4人。

大井町駅での集合を指示しておいたのだが…。時間に来たのはマロンのみ。全く、生物屋はおおらかでいいぜ(笑)
で、ここからはいつものペース(独り身と変わらない状態(笑))で水族館見物と相成ったので、数年ぶりのしながわ水族館の見どころをレポートしていこう。
東京の海の展示。意外にも、現代の東京湾をドストレートに描写した水槽はほとんどないのだ。
トンネル水槽の規模は最大級。水槽内にカメの形をしたカメラが沈み、魚を間近に観察できる。
③シャークホールのシロワニの展示に力が入っている。水槽が円筒形で、特別でかく見える。
アザラシ館は旭山のお株を奪ってしまった。上下左右、どこからもアザラシが現れるので楽しい。
以上、「クラゲさんの水族館図鑑」より。
それにしても、タコの展示で形態のライトを用いてカメラ眼の実験をしてみたりなど、水族館でのクラゲさんは基本的に単なる怪人である。一緒にいられる(免疫がついている)奴らは凄いものだ。ああ、ちなみにリサと相棒は途中合流してきた。相棒に至っては、館内放送をかけて呼び出してきた(←オイw)。
で、この時マロンにエネループ(電池)を貸し、あとで返してもらうのを忘れたことに気づく。東大に無事受かり、生研に入って電池を返せ、という“エネループの契り”が生まれた(笑)

その後は、池袋(待ち合わせのめんどくさいところ)まで奴を送り届け、無事俺の務めを終了させたわけだ。
この後、生研の新年会があったが、特に面白いこともなかった(ネタ方面で。実際は中々に面白かったぜw)ので割愛。

所で、1月21・22と言えば思いっきり理生の前期試験のシーズンである。試験シーズンにこんなことやっているなぞ、俺も暇人だな(笑)

では、次は理生での水族館企画の話だよ!
スポンサーサイト

1月は中々ブログが書けない。試験は1月の末にあるのだが、さすがに勉強は一月の初頭から始めるからだ。理生に進学してまだ半年弱、さすがにここで俺の怒涛の勢いを弱めるわけには行かない。ってんで、1月ぐらいは勉学に集中した…と言うわりには飲み会とかで遊び歩いてる感じがするが、まあその様子をご覧いただこう!








あけおめ!(←だから遅いってのw)
1月は例のごとく忙しかったので、暇な2月の今のうちに1月と2月の初頭の出来事をまとめておこうじゃねえか。(一応説明しておくと、理生は試験が1月末と3月初頭に分かれている。つまり今は、まるっきり“理系1年の夏休み”状態なのである(笑))
まずここでは、1月の学科関連の話(主に自慢話)をさらっと。

・1月2日
新年のご挨拶として市川の祖母さん家に行くことにしたのだが、何を血迷ったか、10キロ弱の道のりを自転車で飛ばしてみることにした。数年前から一度やりたいと思っていたのである。まあ体力のある20代初頭だから余裕ではあったが、さすがに向こうの家についた頃にはマッサージチェアが嬉しかったぜw
で、夜は予想外に道が暗くなると聞いたので、その日は電車で帰宅。計画性0だなw

そして翌日。今度は昨日の逆で、電車で祖母さん家に向かい(考えたら2日連続かw)、自転車で帰宅。しかもまっすぐ帰宅せず、もう片方の祖父さんに新年のあいさつに行ったり、ららぽーとの閉店セールに行ったりと、1日中自転車を乗り回す。その日は20キロ近くチャリで飛ばしたらしい。正月の運動不足とは無縁だったのだな(笑)

で、こっから授業が始まる。

・1月14日
第1回理学部合同コンが開かれた。
参加したのは、理化(化学科)5人、生化(生物化学)5人、そして我が理生9人である。やっぱり生物屋はノリがいいぜ!…ちなみに、他の学科の連中にも声かけたらしいが、応答がなかったのだとか。どうも物理屋や数学屋はつまんねえ奴が多い印象を受ける(単なる偏見だが)。
上野に集合だったので、勝手に上野公園撮影しつつ集合を待ったのだが…理生、遅刻率高し自由すぎだw 結局俺とつじま(←こいつは地図が読めないので用心棒の俺が必要)で後発として連れて行く羽目になった(笑)

この日は主に俺は理化の野郎および理生の女子と飲んでいた(もちろん酒は飲んでないw)ので、まるっきり平和であった。やっぱり、生物の話の通じる奴(なぜか理化の連中にも話が通じた)と喋ると面白いもんだ!…その代わり、あまりネタはない。しかしそこはこの俺、各学科に水族館制覇の伝説の自慢だけはしておいたw
ちなみにその隣のテーブルでは、うちのパ長と生化・理化の連中が意気投合して騒いでいたので、俺の背中側が非常にうるさかったが…w あと、つじま他各学科のパ長が一緒に騒ぐとそのノリにはさすがに呆れかえる恐れいるぜ…。

と、こんな感じで1次会は平和に終わったのだが、2次会はひどかったらしい。うちのピーマンのミクシイの書き込みがすべてを物語る(奴は酔って高尾まで行って終電を逃したらしいよ)。

・1月16日
理学部コンパのわずか2日後だというのに、今度は3回目の理生コン。今回は上の人にも連絡を入れたらしいが、来たのはリーさんパパさんの名(謎?)コンビだけであるw
と言うことで、この日は参加者10人でうち上が2人とか言う静かな状況だったが、それなりにネタは豊富。
・理生にはゲ○疑惑のある野郎が最大で5人いることが分かった(後で●イ疑惑がさらに1人増えることになる。いったい何人いるのやらw)
・バンビ&クラゲ、美術サークル(ちえさん)の横で美術の腕を自慢し合う。一応俺は高校時代、そいつと同じ美術サークルの奴(Mr.GOD)と同等にアーチを描いていたので、自慢する程度の腕はあると思われる。基本的に俺は多芸だからね(笑)
玉ネギの可食部分の部位で大議論が。結局俺の言った通りだった。茎だといった奴らは、その日の植物形態学の授業で寝てたんだろうね。
バンビ、俺のグラスにどうしても酒を注ごうとする。発覚するたびに俺に殴られる

で、1次会は(ピーマンが遅れてきたために)大体平和に終わった。そして、上の人の話をもっと聞こうという企画になり、リーさんが案内したのが、なんとHUB(ブリティッシュパブ)!…おいおい、こんなところにピーマン連れ込んだら大変なことになるだろ…ってんで、この後はご想像にお任せします。もう大変でした…。あれ?結局上の人の話聞けたっけ?(←聞けてない)
…その後、ピーマンは禁酒を宣言したそうです(もちろん誰にも信用されてないのがミソw)。めでたしめでたし。

さて、そんなんでやってきたのが試験シーズン。4科目ほど受けてきた。シケ長だけに、科目の感想とともにシケ対さんの活躍も併記しようか!

・1月19日
生化概論Ⅰの試験だった。
結果;時間足んねーよ(怒)
試験時間は90分だったが、あれ、絶対150分の分量である。大体内容は過去問通りだったので楽ではあるが、書ききれねえよ…
この科目ではプム氏が立派なノートを書いてくれ、またヴォート生化学(教科書)をアップしてくれた。あの解説とレファレンスには恐れ入った。どうもありがとさん!
…何だかんだ言ってシケ長は、シケ対を取り仕切るとともに最大限に利用できるのである(笑)

・1月26日
遺伝学の試験。
結果;楽勝だが、1問意味わかんねえ
片っ方の教員がカオスでわからない、もう片方が難解かつ説明がちょっと下手で分からないという脅威の遺伝学の試験。前日に皆で集まって勉強会(主に難解な方の教師の)を開くなど、万全の態勢で臨んだ。
…まあ、予想通りの問題だし、紙面いっぱい真っ黒にしたので単位は余裕だろう。ちなみに、俺の横に座ったちえさんは、俺の試験中の迫力(と消しゴムの使用量)に驚いたらしい。そりゃ俺は“生物の鬼”ですから(笑)
…あれ?過去問挙げる以外にシケ対なんかやってたっけ?

・1月30日
1限はまず人類生物学
結果;意外と苦戦
○×問題と多少の論述だと高をくくっていた(てか、むしろ次の植物形態がやばすぎたのでそっちに時間を吸われた)ために、ちょっと足元掬われた感じ。ペアで繁殖する類人猿以外のサルとか知らねえよ…。
シケ対さんは役割分担がしっかりできていた様子。過去問解答を参照させてもらった。

2限は植物形態学
結果;時間返せや!

3人の教官で、なおかつそれぞれかなり抉った部分まで講義したのでかなり勉強していったのだが…なんだこの些末な問題!というのも、問題用紙が1枚だけ、しかも1人の教官に至っては教材の植物学テキスト、しかも英語の初めの1章(解説時間5分)の所から論述を出してきた。なんか皆、時間をかけて解説した場所は殆ど出題せず時間返せや(特に英文読んだ時間)
まああまり当たらなかったが、この科目でシケ対のリンが作ったプリントは流れの整理に最適であった。ご苦労!

さて、こんな感じで1月の試験は終わっていったのである。
ただ、これ以外にも1月のイベントはいくつかあった。長くなるから、次の記事でいこう!

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 海洋生物至上主義者の生物漬け日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。