スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもこのブログにはネタ記事が少ないという意見をちらほら聞く。もちろん記事の中にネタをちりばめてはあるのだが、その記事がすべて出来事の特集なのでつまらないっちゃつまらんかもしれん。そこで今回は趣向を変え、1年半やってきたコブクロ作戦の総決算をするとともに誰かに言われたリア充論でも追記に書こうか。







※注意!
今回の記事は 非 常 に 下 ら ね え ことを最初にお断りします。


①コブクロランキング
この秋のオリ合宿で、コブクロ作戦が終わったことをご報告した。
そこで、ここに俺流コブクロランキングをつけてみようか!自分で歌って判断するので、カラオケの歌い心地も併記するよ!誰かカラオケ行こうぜ!

<1位から10位まで>
1位…ここにしか咲かない花
5年ほどいろんな曲を聞いてきたけど、このインパクトを超える曲はなかった。曲全体に圧倒的なスケールがあふれている。どうなんだろう、サビをパートわけしているのが響いてくるのかも。俺は沖縄好きだしね。
カラオケでもちょうど俺の声域に合っているので、渾身の力で歌うことができる。皆も知っているので、デュエットもしやすい。ただ…小声で歌う部分がついつい高くなっちまうのが唯一の難点。

2位…蕾
泣けるね、曲の背景知ると。これは痺れる。最後のちょっと前の小渕の独唱シーンがいいね!
カラオケでは高音パートにヒラマティをおいて歌うのが定着化した。若干高いけれども許容範囲。これも渾身の力で歌えるし、最後に手刀で締められるのもなかなか。

3位…WHITE DAYS
受験後のすさんだ心で(大分立って結果が不安になってきたころに)聞いて一発でKOされた曲。恋歌のはずだが、そんなしつこい感じのしない冬の詩。好んで聞いてたらこの順位まで昇格した。
カラオケで俺が最初に歌う率が高い。喜びの空のところでは、渾身の力で歌いながら思い切り天を指す。

4位…赤い糸
Mステかなんかで聞いて、そのあとフルバージョンで効いたら、えらく長い曲だと感じた。それにしても、この曲は歌詞が1つの出来のいいドラマである。まあ、こんないい感じに進むことはなかなかないと思うけどねw
カラオケでの俺&ヒラマティの十八番の一つで、奴の高音に俺が合わせる。最後は息が続く限り伸ばせるのが快感だ!

5位…虹
この上位の曲の中では随一のアップテンポ。聞いていて爽快で気分がいい。
カラオケで俺がクラスに鮮烈な印象を与えた曲の一つ。声を大きくして歌いやすい。ハイテンションな曲だと俺はやたら目立つらしいw

6位…願いの詩
初めて聞いたとき、なんか懐かしい感じを受けた。ほんわかした感じなのだが、これを聞くとミョーに少年時代を思い出す(←俺も年取ったもんだ(笑))
ただ、これを歌うのは好きだが、若干声が高くて歌いにくい。おもに生研のチキンやまとデュエットする。

7位…summer rain
高3の生物五輪の頃に聞いた曲。夏の思い出という意味でミョーに重なって好きになった感じ。恋歌なのだが重苦しくなくいい感じだ。
カラオケでは終盤に歌うことが多い。この10曲の中では熱唱しても喉が疲れないのだ。

8位…時の足音
赤い糸と同時期に聞き、両方気に入ったので10位以内に入っている。最後の一人一つ一瞬一秒一度きりのくだりは圧巻だ。
カラオケでもハイライトはそこ。声を抑える→手刀からの声の上昇は見る人を圧倒する(笑)

9位…流星
この中では最新。俺が好むのはやはり“海月”が入っているからだろうか。PVのさまざまなところにクラゲの映像がちりばめられていたので好感度が上がった。
カラオケで俺の肺活量を見せつける一曲。声が裏返らない限り渾身の伸ばしを見せられる。

10位…未来への帰り道
コブクロ作戦最後なので思い入れがある。ほとんど世に出回っていない幻の曲なのだが、これが意外なほどいい曲である。お別れに歌う餞別の曲にもってこいだ。
マイクなしで歌ったのでよくわからないが、これは若干高めなので喉がいいときに歌う必要がある。

こんな感じかな。変人だけど、ここは案外世間の趣味と合ってるのかもなw

<11位~30位>
11位…君という名の翼
初期に聞いたとき、コブクロの中では異質だと思ったアップテンポの曲。
カラオケでも声量が出るので歌いやすい。
12位…STAY
これは切ない。黒田の声がかすれる位の熱唱感がいい。
ただ、カラオケで俺の声もかすれるぐらい高め。本気で歌うと喉がつぶれる。
13位…今と未来を繋ぐもの
卒業シーズンの曲らしいが、曲自体が美しいのでとても好きだ。
俺がバンビとデュエットできる数少ない曲。ただ、若干高めかな…。
14位…君への主題歌
沖縄に行ったとき聞いて圧倒された。メッセージ性はコブクロの中でも随一。
カラオケの歌いやすさは中程度。最後は叫ぶようになる。
15位…風見鶏
2人の歌い分けがミョーにしっかりした曲。英語で風見鶏に聞こえるフレーズが上手い。
おもに黒田パートを歌うが、しっかりデュエットできると面白い曲だ。
16位…蒼く優しく
“挫折からの復帰”みたいな曲なのかな。もちろん挫折してない時にでもいい曲だ。
まっさんとデュエットしたのが印象深い曲。
17位…ANSWER
ごく初期の曲にも、痺れる曲が潜んでいると感じた。
カラオケで音を小さくして大声で歌った記憶がある。
18位…新しい場所
アビス王に紹介されてニコ動できいたらはまった。新天地への希望が感じられる。
カラオケではそのアビス王と歌ったら盛り上がった。
19位…どんな空でも
曲のムードが一線を画す。カラオケで初めての人に振っても歌えるぐらい簡明な曲。
俺が最初のカラオケでクラスの連中に無茶振りした記憶がある。
20位…あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
曲のタイトルに惹かれて(俺は長いタイトルが好き、ブログを見ればわかるだろw)聞いたら力強い感じだった。
カラオケでも最高クラスに俺の喉が力強く鳴る曲である。
21位…彼方へ
Youtubeで漁ってすぐに見つけた。テンポが速くてノリがいい。
カラオケで一気に盛り上げるときに使う。最後に伸ばせるだけのばす一曲。
22位…To calling of love
曲自体が変な感じだが、独唱の感じが好きだ。かなりドロドロした恋歌だが。
曲自体が終わった後、もう一度Calling of youを繰り返すアレンジがいい感じ。
23位…手紙
かつてどこかで聞いたフレーズが、最近になって甦ってお気に入りとなった。
これはメインパートが珍しく小渕なので、結構高い…。
24位…風
コンスタントにAll Singles Bestで聞いて気に入った感じ。
これも黒田パートまで高くて歌いにくいが…。
25位…太陽
出ました!10組テーマソング!コブクロの恋歌の中でも一番無邪気だ。
これはなんといってもたなりゅーとのデュエット。最後の伸ばし勝負は恒例となった。30秒近く伸ばすからw
26位…Fragile mind
うちにあった5296の最後のトラックだが、何度か聞いてはまった。メッセージ性がいい。
これは高めだが、最後の“見えるだろう”の伸ばし部分は喉が鳴る。
27位…桜
俺が最初に聞いたコブクロの曲かもしれない。その割に他にいい曲があるので順位は低めだが…。
カラオケではエンザンがよく歌うので、それに合わせて歌っていたかな。
28位…水面の蝶
あの太陽が…に匹敵する力強い感じ。こっちは全く有名でもないが…。
歌い切った最後で思い切り喉を鳴らして伸ばせるのがお気に入りだ。
29位…東京の冬
最近ライブ音源をダウンロードして聞いている。冬と恋歌はあうのだろうか?
道玄坂が出てくる歌なので、道玄坂のカラオケで歌った記憶が(笑)
30位…天使達の歌
東京の冬と同じ感じで冬×恋歌という感じの歌。最後の切ない感じがいいね!
この歌の最後の部分を歌うと喉が枯れるので最後のメインイベンダーに歌うことが多い。

こんな感じかな。メジャーな曲から幻の曲まで多彩だね!

100曲網羅しようとか思ったけど、セル読みたいからまたの機会にね!
それにしてもこれを含めて100曲もコブクロ歌ったんだから、カラオケ班班長といわれるのも仕方ねえかw
教養学部の時は生物学を除いては遊び過ぎたな、理学部行ったからもうちょいマジメにやるか…w

さて、追記はついにアレを書く時が来た。
散々リア充系の話にのらされ、俺はそういう世界を何も考えていない男だと思われているので、ちょっと反論の意味でリア充論書いとこうか(笑)
※注!以下の記事は完全なる爆弾です!覚悟して読むように!※

more»

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 海洋生物至上主義者の生物漬け日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。