スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の道路では、本来車を運転しちゃいけないんだよ。免許ってのは、その運転禁止の例外を許す証なんだ」とか教習所の教官は言ってた気がするな。確かに。日本の道路は許しもなしに運転するのは危険すぎる。でも、沖縄をはじめとする生研の合宿では運転しなければならないので、免許を取りに行ったのだ!ここでは免許取得を目指して乗り込んだ車校で、卒業するまでの日々を追う。









8月の12日から27日まで、マティとふくしまと山形の自動車学校(以下、車校)へ行ってきた。
長期にわたり新庄の車校に缶詰にされたので、日記も長いものになるだろうが、まあ半分ほど鬱日記になるだろうから軽いテンションで記すことにする。

8月12日(初日)
山形までの新幹線代が出るので、悠々と新幹線で行ける。贅沢な旅路だ…と思っていた。ところが!
まさかの帰省ラッシュとぶち当たり!
新幹線つばさの自由席は、乗車率130パーセントを超える大混雑!
仕方がないので、自由席の列に俺だけ並び、ふくしまとマティを“さも出かけてたように”列にいれる。いきなりの厚かましい奴w
新幹線内ではふくしまとポケモンをやっていた。

そして新庄駅。ついたら、すでに威勢がいい車校の教官が待っていた。って、休む間もなく連れてかれるのかw
車校までバスで20分。しかも周りは田園風景。このころからだんだんモチベーションが下がり始めてた(←はえーよw)
入校の手続きを済ませ、視力検査。…え゛!?
入校して5分で引っかかった!恐らく視力検査で引っかかったのは車校でも最短記録であろう(爆) 当然テンションガタ落ちである。
さらに、日程を渡されてさらにテンションが落ちる。初日から乗るのか。しかも休みがほぼねえしw

結局この日は初めての車に振り回され、左折で脱輪しまくって「君はこれから苦労するっぺよw」と威勢のいいけど言うことが田舎口調でめんどくさい教官に言われて終わったとさ。もはや夜はやる気を全てそがれたよ(涙)
ただ、寮に紅茶があったのが気に入った。てか、中の設備は全て気に行った。

13日(2日目)
午前中に実車が2コマ入っていた。
この日の教官が個人的に一番大鬼だった。例を挙げると
・車に乗るときに「乗り込む流れは流れるようにやれ!」(←まだ2日目なんですけどw)
「どこむいとるんじゃ!まっすぐ走らんか!」(←まだ2日目なん(ry)
「お前、直線道は当たり前に40キロ出せ!」(←まだ(ry)
「言われたらハイと返事をせんか!」(←こっちが集中してる時に言うな)
…さすがにこっちもキレて、最後に捨て台詞吐いて消えましたよ。ええ。この車校、大丈夫なんかなw

午後は暇だったんで、ボーリングへ。寮のメンツが大分出てきて、みんなで行った。この人たちは大概俺らの先輩なんだな。
そしてボーリングで、なんと!俺がふくしまに初めてスコアで勝った!記念すべき日だね!…相変わらずの破壊力投法だったがw
そのあとはもう一度バスを出してもらい、銭湯へ。湯が熱すぎたw 帰りにアイスを購入。
この日から有線ランケーブルを借り、部屋でネットがやり放題となる。そして廃人生活の始まり(笑)

14日(3日目)
バスの予約法を身に着けたので、教習が終わってすぐバスに飛び乗れるよう用意をした。
午前の学科を終え、昼を食って実車へ。教官が2コマで違うという初めての体験である。この日の教官はどっちも大人しいオッサンだった。まあ、暗かったけどねw

そしてマティとバスに乗り、スポーツジムへ出かけた。これも無料で利用できるのだ!我らはフィットネス愛好家なので、マシンでのトレーニングを好んでいる。楽しかったぜ!(まさかこれが最初で最後の利用になるとは思わなかった…うう(涙))

ちなみにこの日は日曜なので、ケーキバイキングが出た。調子に乗って食ったから、カロリー過剰摂取だ(笑)

15日(4日目)
個人的にこの日の教官が一番ク●教官だった。例を挙げると
・質問に何答えても「たわけ!」としか言わない
日本語が通じない
・質問に文句で返してくる
・運転中に常に隣でぐちぐち言ってる
「東大生はいじめることになってんだよ、へへへw」(←死ね)
こいつに検定は当たりたくないと思って車を降りた(それが十数日後にね…ははは(遠い目))

日程が詰まっていたのでこの日は遊びはない。
ちなみに、この日からマティ・ふくしまとともに教官逆評定(笑)を作り始める。俺の鬼教官率にテンションガタ落ち。日ごろの行いがいいのに何でだ…。

16日(5日目)
大分まっすぐ走れるようになり、脱輪もしなくなった。その走行を1コマ目の教官に褒められる。ようやく優しい教官が来たぜ…。方言がきつすぎて何言ってんのかわからんけど(汗)
と思ったら2限目の教官はひどかった。黙ってるか嫌味言ってるかしかしない。こいつには今後当たりたくねえぜ…。(なにあの複数教習(後述))

この日ぐらいから終了検定(以下、修検)に向けて猛勉強が始まる。ほんとに遊べねえなあ…。

17日(6日目)
修検前日。すでに気がめいっていた。学科で落としたくねえ…と思い、朝からウェブ上で免許問題に取り組む。

この日の教官が個人的に車校の中で一番いい人だ。褒めて伸ばすことを知っている。大分上達した。
見極めもすんなり出してくれて、修検の激励もしてくれる。やる気が出た。…あとは明日鬼が来ないことを祈るまでだ。

景気づけに(ってほどでもないけど)マティとふくしまと銭湯へ。疲れが取れた。ついでにアイスも補充し、明日に向けて気合を入れる。
夕食は名物のイモ煮だった。米沢牛と里芋と玉コンニャクとネギを醤油ベースで似た料理であり、英気を養った。さあ、いよいよ修検だ!たのむ、晴れてくれ…。

18日(7日目)
願いは届かなかった…どころか、今までで一番ひどい土砂降りに。天気に呪われてる、もはや天災だ…。

さすがに修検の日は緊張し通しだ。
大雨の中車に乗り、修検へ。…無難に実技はやりきった。教官も快活な(まだ当たったことない)オッサンだったし、無事合格!
余裕が出たので、教官の“そえじまくん”の読みを“お言葉ですが、あれはふくしまです。”と訂正しといた(あれ?逆だったかな?(笑))
続いて学科。学科もやりきった感はあるが、何せ発表は4時。とたんにグダって相棒を見ながら4時を待った。

修検の合格発表である。所長がなかなか悪戯心のあるオッサンで、俺はいきなり呼ばれて立たされた。…え゛!?まさか…。
「今呼ばれた人は、…(沈黙)…学科満点だ!よくやった!みんなに顔を売っておけ!
心臓に悪いよ、所長w かくして我々はみんな修検に通ったのだ!降りしきる大雨の中、皆で祝福。この雨の中で通ったんだ、何も怖くねえぜ!

しかしたちが悪いことに、ここからさらに実車が。もう2次だから、路上教習である。しかも配車表に書かれたのは逆評定で2人が「鬼」と言っていた年配教官。おまけに時間は5時から。お分かりのように、
鬼教官×初めての路上×出したことのない速度×悪路×雨×夜
=極限の疲労(笑)
その夜は紅茶を飲んで即つぶれてましたw

19日(8日目)
この日から、実車が3コマに。しかも相変わらずの全路上。疲れるぜ…。
しかも教官が3コマとも違った。
おまけに、夜の実車の教官が4日目のあいつ。例のごとく横で常に文句しか言わない。ったく、つくづく教官運が悪いぜ…まあ、あと2コママシな教官だっただけいいとするか。

この夜でついに、長い免許合宿も折り返しを迎える。
あくまで結果的に、ね。この時は卒検受かる気なんぞせんかったし(笑)

20日(9日目)
この日は無難な教官が3コマとも来た気がする。

そして“地元の特性を鑑みた運転”(だったかな?)というカリキュラムで、車校から北に向かった山道をドライブした。山道を進み、パッと開ける田園風景!と言えば!そう、生研の合宿である!
ということで、生研の合宿でドライバーをやるには一番有意義な講習になったかもしれない。この日の教官が一番いい人で良かった、あいつとかあいつとかじゃなくて(笑)

このころで新庄駅前までの(卒検に使われる)道は大体とおったわけだけど、駅前は結構人通りが多くて怖い。県道は飛ばせるし楽なんだけどな…。
あと、いつの間にか60キロに抵抗感がなくなる。慣れって怖い(笑)

21日(10日目)
入校日から毎日毎日続いた実車がようやくない日が来た。
それに合わせてみんなでゆっくり寝て、午後だけ学科の悠々自適な日。

ちなみに、寮での我々の過ごし方は主に
・俺…PC。文章を書いたり、編集したり、動画で相棒見たり、チャットやったり。
・マティ…漫画。合宿中に100冊弱読んだらしい(笑)
・ふくしま…睡眠。多分一日の平均睡眠時間10時間ぐらいいってたんじゃねえかなw
と、3者3様の廃人生活を送っていたのでした(笑)

22日(11日目)
恐怖の7コマの日。
しかも朝の実車で自称大鬼がきやがった。まあ、場内の方向変換だから路上よりはマシか。
…まあ、確かに大鬼だが、的確にポイント教えてくれたので、2日目の某に比べれば大鬼度は低いだろう。

そして学科の後には、初の複数教習が待っていた。さすがに車校も分かっていて、メンバーは俺・マティ・ふくしま。しかし、教官が例の嫌味しか言わないアイツだ…。
という危惧通り、あんまり有意義な複数教習にはならなかったのだよ。複数教習位楽しくやらせてくれ…。

23日(12日目)
複数教習が3コマも続いた。教官が3日目のおとなしい人だったので一安心。
2コマは新庄駅前を回ったが、だんだん新庄祭りの準備が進んでいた。「あの焼きそば屋はうまいんだよ~」とか話してくれた(笑)

もう1コマは高速シュミレーション教習だった。俺はレーシングゲームなんかやったことないから、シュミレーター自体が初経験だったのだが…
 酔 う !
重力感がないから、滅茶苦茶酔う。
まあ、教習の方は俺は無事故で終わったが、マティとふくしまは2度ずつ事故ってた。まあ、あそこまで危険条件まとめたら事故も起こるわなw

で、この日も銭湯へ。教官に「入ってこい!」と言われた電気風呂に入ってきた。アレ、ミョーな気分になるなw

24日(13日目)
複数教習の5コマ目と6コマ目なのだが…おとといの嫌味再来。
うちら全員教官運呪われてるな…。自主経路設計でも、隣で嫌味しかいわんから面白くねえ。

そして3コマ目は教官が変わり、
逆評定全員網羅達成!
この教官は素晴らしかった。見極め前の疑問点をすべて掻っ攫ってくれた。何でこの人に今まであたれなかったんだろう…。
ちなみに、教官20人中、鬼と大鬼が6人。まあ、通常この程度なのかな。

25日(14日目)
漸く来た、1日フリーの日!!
この日は新庄祭りなので、路上ができないのだ。よってお休み。

そして、ついに1日バカンスで新庄祭りに繰り出した!
…といいたいのだが、卒検が気になりすぎて、4時間のうち3時間、歩き回って新庄市内の道をチェックしていた(笑) どこに停止線があるかだとか、どこに路側帯が危険なポイントがあるかとか、どこが一方通行かとか。ポケウォーカーの歩数が25000を超えた。俺らもマジメだなw

そして新庄駅にて、旅行の帰途のたなりゅーと会う。「楽しんでるなw」と言われた。…そんな楽しそうかなw
帰りは最後の銭湯に行き、アイスを買って教習所へ。
しかし!教官表をみてテンションが下がる。
鬼教官6人目!つまりこの教習所の鬼教官コンプリート!おまけに31コマ中鬼教官が15コマ!
…俺そんな呪われるようなことしたかな?(涙)

26日(15日目)
最後の実車教習。鬼教官だと思い、身構えていたがそんなに鬼でもなかった。仏とは言えないけど。
鬼ではあるがなかなかの面白い教官で、「東大生といっても、ビジュアル系の女子はこないねぇ~w」「チャラい女子が多いよなあw」「変な宗教にはまっちゃう女子もいるんでしょ?」…好色家なお方みたいでした。(爆)
そんなこんなで、見極めも終わって、全てのプログラムが完了!
…後は明日の卒検が…あああ(←パニクってる)

27日(最終日)
卒検!
前日に誰が当たるか、3人ぐらいまで絞れるのだが、その中にアイツがいた!
アイツは来るな、アイツは来るな…と呪詛を唱え続ける。
ところが…よりによってアイツが来てしまった(涙)


卒検が始まっても、悪い予想が的中。横でいろいろ言ってくる。卒検の時は教官は黙ってるんじゃねえのかよ(涙)
そんな余計なプレッシャーをかけ続けられた結果、ついにやっちまった!道路工事に突っ込みかけた!
何で卒検の時に限って「初めての黄信号点滅×初めての警官の誘導×初めての道路工事(標識なし)」が重なってやってくるんだよ(怒)
教官にハンドルとられたので、一発終了…。だと(少なくともこの時は)思った。
しかも4人組で俺は最初の受験者なので、ここで俺は別の車で教習所へ強制送還。他の人が終わるまで1時間ほど、教習所の隅でどんよりしていた。

しかし、他の連中が帰ってきて、もう一度お呼び出しがかかる。
後でマティに聞いたら、道路工事は不測の事態なので採点外なのだそうだ。それを、俺が下りた後に教官がにやにやしながらネタばらしし、その後も俺をネタに楽しそうに語っていたらしい。…俺は完全にこの教官に遊ばれてたのか。ああ、腹の虫がおさまらん(怒)
結局教習所内での右バックを完璧にこなし、教官にドヤ顔をして車を降りた。

そして結果は…合格!はれて卒業!漸く監禁から抜け出せる!

飯を食って、いよいよ卒業式である。
アンケートには鬼教官への文句を書きなぐっておきました。書きすぎて裏まで達したw…できれば全員分書きたかったけど、時間が切れたw

新幹線に乗り込み、関東へ帰還!免許合宿は終了!
…じゃないぜ!打ち上げのカラオケオールが待ってるんだよ!(笑)
エンザン氏を加え、4人でカラオケオールを堪能したぜ!ここでコブクロ99曲目まで歌い、あとはクラス合宿での100曲目をまつだけになる。スペースもあるし、カラオケで今まで歌ったコブクロレビューでもやろうかな(笑)

とにかく、あとは運転免許試験場の亀山での学科試験で終わりだ免許よ、待っとれ!
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 海洋生物至上主義者の生物漬け日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。