スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局、俺は旅人としてこの世に生まれてきたんか?そのぐらい、旅ってものが欠かせないものとなっている。年に2回や3回の鉄道旅がないとどうも安心して年が越せない…は言い過ぎかもしれないが、とにかくどこかに行きたくなる。それの目当てはつまるところ水族館が主なんだが、でも違う土地にこの身を飛ばしてみるのは日本の新たな発見という意味でも大いに意味があると思うのだ。今回はひたすら北を目指したハードスケジュールだ。それでは、俺がどんな旅をしてきたかを見てもらおう!















8月22~25にかけて、水族館開拓の旅に行ってきた。

行程をざっと書きますてえと、

8/22
船橋

新宿
↓ムーンライトえちご往路

8/23

新潟

鶴岡

鶴岡市立加茂水族館

鶴岡

秋田

8/24
秋田

羽立

男鹿水族館GAO

羽立

男鹿(乗りつぶしw)

秋田

新潟
↓ムーンライトえちご復路

8/25

池袋

宇都宮

西那須野

なかがわ水遊園

西那須野

宇都宮

船橋


強行スケジュールです。たぶん3日で青春18きっぷ5日分以上走ってるんじゃないですかね?
でも青春18きっぷは3日分!お得な切符だよね、まったく。


では日付ごとに振り替えるか。

<0日目>
ムーンライトが新宿駅の辺境のホームに飛ばされたことにわびしさを覚えた。そんぐらいかな。
後、ダブルブッキングがあったのか車内でおっさんが言い争ってた。寝かせろよ(怒)
鳥打帽をかぶったお前が一番おっさんに見えるとか言っちゃだめですよ

<1日目>
例のごとく、ムーンライトえちごからダッシュで北上路線に乗り換える。結果、新潟滞在時間、往路は5分(笑)!
で、昇る朝陽を眺めつつ、鶴岡駅まで北上。
・・・何だ、この学生の多さは!学生でごった返してた。東北の学校はもうやってたのかな?

バスに乗り込み、加茂水族館へ向かう。
時間にして40分加茂水族館で降りたのは俺だけで、俺が下りた瞬間、バスは空になった

で、加茂水族館の最初の客とあい成った。

鶴岡私立加茂水族館は、日本一のクラゲ水族館として有名。ついにクラゲさんがクラゲの水族館を攻め落とすことになったのだ!
入って、まずいきなりクラゲの待つ”クラネタリウム”へ!

おい、なんだこのボリューム!
かつての江ノ島水族館のクラゲファンタジーホールを彷彿とさせる。1つの階がほぼすべてクラゲで埋め尽くされているのだ!江ノ島水族館はリニューアル時にこともあろうにクラゲ展示を削ってしまったため、今は文句なしにここの規模が全国1だと思われる。
もう言葉では言い表せん!興奮しっぱなしだったぜ!まず、初めてみる有櫛動物がかなり多いのだ。パラオ産クラゲやカナダのサムクラゲもいたし、近頃話題のエチゼンクラゲをはじめ食用クラゲ完備、オワンクラゲの発光展示からミズクラゲや巨大アカクラゲの給餌水槽まである。
とんでもない水族館だと実感!俺にとってはまさに聖地だ!!

そんなこんなで、クラゲだけでほぼ午前中を使い果たし、午後はそのほかの展示を見物。
ここは、心遣いも一級品だ。寒流の水槽の前には、なんとワイパーが!俺たちが自分でガラスをふいて結露を落としてから見る仕組みだ。財政難で設備が作れない分、心遣いでカバー、その姿勢が素晴らしいと思った。
他にも、あまり見ないウミネコの給餌ショー、レア物はあまりないが巨大イワナなど見どころの多い川の展示、さらにはアザラシの歩きマネのできるアシカのショー(!)など、見どころが多すぎ!しかも地元愛があふれている。地元の生き物が大いに幅を利かせている水族館は素敵だ。
さらに、レストランのクラゲラーメンは、本当にクラゲ尽くし。麺に練りこまれているのはもちろん、クラゲソーメン、傘の部分、口腕の部分、さらにキクラゲまでw クラゲアイスともども美味かったです。

思わず電車を1本遅らせて7時間も滞在しちまった!すばらしい水族館だった!


で、電車を遅らせたせいで秋田着いたのが8時。しまった!もう田舎じゃ 飲 み 屋 し か あいてない!
ってんで、秋田名物どころかロッテリアのハンバーガーになってしまったです…ま、船橋じゃロッテリア閉まっちゃったし、久々に食えたんでいいかw


今回の宿には大浴場があったんで、行ってみた。湯に入ったら、不思議なほどつるつる(ってか、ぬるぬる)する。はは~ん、こりゃアルカリ性泉だなw(←知識バカ)

後輩ウォーターに連絡取ってから、就寝。


<2日目>
5時に起きて、朝風呂へ。おっさんか!

で、6時半には宿を出る。7時ちょっとの男鹿線で男鹿半島へ出発!
電車の中、ごった返す学生の中央で駅弁の朝飯。注目されるって快感だね~♪(←最低の野郎)

羽立駅に到着!予想はしていたが、無人駅。しかも駅舎に修理の幕が掛かってる。
さらに田舎にありがち、バスが全然来ないw
ようやく来たバスに乗ること 1 時 間 。なんでこんなにかかるんだよ…


ようやく到着した男鹿水族館GAO。
釣りバカ日誌15でロケをやったらしいので、なぜか荒磯とかに見覚えがあったw

中は秋田らしい展示がたくさんあった。
男鹿の海、ハタハタ、秋田の河川等。
ここも地元への愛が素晴らしく、たとえば電気ウナギの発電実験で明かりをともすのは、なんとGAOのロゴの入ったミニチュアの竿灯。さすが、といった感じ。


あと、俺の前で激しく泳ぎまわってくれたミズダコが好感度アップ。
対照的に、俺がいたときだけ泳いでくれなかったシロクマ豪太もいたけど(笑)


昼飯はハタハタ冷やしラーメン
しょっつる(ハタハタの魚醤)が隠し味だそうだが…正直、クラゲラーメンのほうが美味かったかな。

この日はバスを逃すと旅が終了するので、後ろ髪をひかれつつ退散。ここも素晴らしい水族館だったぜ!


羽立駅に着いたら、修理の幕が外されて駅舎が見えてた。俺が行ってた間に変貌するとはw
そして、竿灯が展示される秋田駅でとり飯(駅弁)と土産を買ってひたすら南下。
酒田駅で乗り換えをミスりそうになって冷や汗もんだったけど。
とり飯の夕飯を食って、のんびり(DSやりつつ、たまに参考書読みつつ)進む。


新潟で再びダッシュ!新潟滞在時間、復路は7分!トータル12分!
夜行の発着駅なのにこの時間はありえないww


そんなこんなで、検札もまたずに爆睡。


<3日目>
目覚めたら5時台後半。やばい!もう新宿じゃん!

・・・え!?「小動物に接触したため電車が1時間近く遅れて運行」だと!?

やばい、計画が破綻する…!

大丈夫だ、池袋で乗り換えれば!ってんで、池袋で飛び降り、急いで赤羽に向かい、宇都宮行に飛び乗る。
宇都宮でも乗り換え時間ほとんどなし。
結局、前日買ったパンは西那須野までの車内で消費することに。今回車内食多いな(汗)

西那須野から、またバス(ここも乗り換え時間7分w)で 1 時 間 。今回はバス乗りすぎだよ…。
なかがわ水遊園に到着!またもや最後の乗客が俺
ということで、入り口で警備員のおっさんと話しながら開園を待つ。この日も最初の客が俺だったとさw


なかがわ水遊園は、那珂川に隣接した広大な池の上に水族館棟がたち、その周りにビオトープがある感じの巨大な水辺の自然公園。
とりあえず時間がないので、まずは水族館棟に入り込んだ。

とにかくここは川の展示が逸品で、上流から下流まで環境展示が素晴らしい
水槽が屋外にあるので(上からも見られる)、自然の光が差し込み、自然の川のように見えるのだ。これは葛西臨海水族園の淡水館に通ずるところがあり、俺は好きだ。
淡水魚は種類もこれでもかというほどいて、那珂川の自然に始まり、絶滅危惧種のトミヨ・メダカや巨魚イトウ・アカメ。
さらにアマゾンの水中トンネル。巨魚ピラルクーを間近で見られる。さらにアマゾン水槽はガラス天井のすぐ下にあるから、光が差し込み、植物が生い茂る。ガラスドーム内に植物の茂るアクアマリン福島を思い出した。上からアマゾン水槽をのぞくのもオツなものである。

淡水魚だけでなく、海水魚もそれなりにいるので、やっぱり水族館好きにはたまらない。
ってか、今回の旅は不思議なほどはずれの水族館がなかった。いい選択をしたもんだなw

で、池の鯉に餌をやってからバスに乗り込んで西那須野駅へ。
宇都宮駅で本場の餃子を堪能し、帰宅した。



いい旅でした!
…え?9月の試験?知らね(笑)


スポンサーサイト

ここまでとんでもなく深いかかわりを残してきた生物五輪なんだから、OBになってもそのかかわりは続く。俺は正規の代表ではないけれど、もうOBになっちまえば立場の違いも何もない、いや、むしろ遠方のカモや参加率の悪い相方やストッパーなんぞより、OB会のイベントの参加率がNo1の俺こそがこの学年のリーダー、代表と呼ばれるにふさわしいんだ。だって、日本代表應援團長という栄誉ある地位に就いているんだから、俺をこの学年の、いや、生物五輪日本代表団の顔として認知しないわけにはいかないからだ。
















俺の、受験後から生物五輪シンポジウムまでの、つくば大会代表の「顔」としてのOB生活を振りかえろう。


<後輩との接点>

なぜか、日本代表どもは国際大会が終わるとスカイプを抜け、そしてそのまま放置というもったいないプレーをする傾向がある。
俺はそんな愚かな真似はしない。だって、受験中の俺が後輩の韓国大会代表とつながり持てるのはスカイプぐらいなんだぜ?
そういう方針のもと、俺は受験中もSEGの後などにスカイプに入り浸っては、代表の後輩連中とだべっていた。モジホコリだったり、マロンだったり、うきくさだったりね。
てか、日本代表團6人中5人とかかわりがあるとか、俺は後輩との付き合いがまめな理想の先輩じゃん(←自信過剰w)

そんなこんなで、センターや東大受験の 当 日 すらスカイプでだべっていたという、ダメ人間後輩ウケする先輩なのですw

でも、これは相当大事なことだよ。誰ともしゃべらずに勉強なんて、そんな無味乾燥な受験生活ならしないほうがいい。俺は後輩の誰にでもアドバイスを与える。「受験期間の電話やチャットやだべりの時間を厭うな。そんな時間を決して無駄だと思うな。しゃべるチャンスは積極的に作れ。それが受験生活のささやかな楽しみなんだし、そんなんで落ちるもんじゃないから」ってね。カッコいいアドバイスでしょ♪

余談だが、俺はそのほかにも、開成の文化祭だって行ったし、生物部のOB会にだって出ている。そんな受験期の数少ないリフレッシュチャンスをつぶして勉強なんて、俺は決してしたくない。
そうしてても東大受かるんだからね。俺自身が証明したんだから、自信持って後輩にアドバイスするさ。


で、会話しているうちに、後輩どもにも俺の変人っぷりを強烈に焼きつけ、また待望のポケモン班3代目を作ったわけです。あの時はマジでうれしかったね。ポケモン班に限らず、班が継承されていくのを一番喜ぶのは班を作った班長なんですよ。



<再びのOB会>

そして6月第2週。俺は科学技術館に乗り込んだ。
待ちに待った韓国大会代表のOB会、並びに俺がOBとして参加できる初のOB会なのだ!

まあ、後輩と思いっきり接点作ってあったんで、この時初対面の後輩はたった2人だったんですけど。しかも全員(人づて含め)俺の変人度合いを知っているというw
いきなり有名人です。しかもチームリーダーに日本代表団に混ざって飯おごってもらっちゃったし♪
しかも日本代表団に溶け込んで全然違和感ないっていうw だって俺は精神年齢奴らいk(ry

しかし、カオスジャパンって言うだけあって飯の時間までカオスw
A「これいま厚角組織食べてるんだよね~」
B「こっちは内皮細胞か~」
俺「お前ら、 飯 の 味 分かんなくなるわww」
一同大爆笑
みたいなね。さすが、生物集団だw


で、午後は本格的なOB会なんだけど、時間が短い…
つくば大会の話も資料がなかったせいで満足に発表できなかったし…
なんで今回だけ写真がないんだよ…

でも、やっぱり俺は語り部としての才能はあるぜ!
おそらく各大会の中で一番 笑 い と っ た の は つくば大会だから(笑)

ま、OB会についてはなんだかんだ言って去年と同じ。
お楽しみは終わった後だ!去年と違って、大学生だからに楽しみが待っているんだぜ!w

まずポケモン班3代目を連れてポケセンに遊びに行った。2代目にも誘いをかけたが、さすがに忙しいって。そりゃ、受験だもんな。もし当時誘われたら俺はいったけど(笑)。
久々のポケセンを堪能したぜ!3代目もなかなかポケモンに詳しいことが分かって一安心。こりゃ、ポケモン班は安泰だなw
しかも3代目にも地元の面白い話がいろいろ聞けた。やっぱり地方の話を聞けるのは全国いろんなところから集まっている生物五輪の特権だよな!
で、飯を食いつつID用のイーブイをもらって、奴を宿まで送り届けて任務完了。


しかし、俺にはまだ仕事があった。
OBたちが大好きな飲み会だ(笑)。
湯島駅前の居酒屋にて。行ったら既に俺の酒(しかも清酒w)が用意されていた。俺は下戸だっちゅーねん(苦笑)。
だれが食うんだってほど巨大な唐揚げを食いながらオレンジジュースを嗜み(←おこちゃまw)いろいろ話しておごってもらって帰宅。すでに日付変更直前。
明日1限休講だしいいや。どうせあっても出ないけどww


<日本代表を連れて駒場遊覧>

翌日もまた、3代目を連れて、今度は駒場キャンパスを回ることになった。
しかも今回は俺の生命科学の担当教授(鬼、俺的には大仏)にアポまでとってあるという手際のよさ!俺ってすごくね?w
しかもこの担当教授がすごい人!なんとあの生物五輪の悪名高いバイブル(東大英語のOn Campusみたいなもんじゃねw)、キャンベルの訳者の1人でいらっしゃるのだ!

で、2限(俺の空きコマ、もっともこの日は1限休講の上に普段でも出ないから2重に関係ないけどww)の時間に駒場東大前に来てもらって、まず1号館、900講堂、11~13号館などを見てもらいつつ、教授の研究室のある15号館に到着。
ちょっと待ってから(実はこの時が蒸し暑くて一番大変だった…)教授に会い、3代目を紹介。それから教授の光合成の研究室を見たり、キャンベルや教科書の裏話を聞いたりした。
さらに研究室のコーヒーまで飲ませてもらう。ただしミルクが「教授ほか誰も使わないため」固まってて、いつのものかすら把握できないというw研究室がこんなもんだとは 前 の 日 の 飲み会で聞いてたけどね(苦笑)。そこでも教授および3代目のの裏話が聞けた。
実際、3代目を連れてくのが名目だったけど、一番収穫が大きかったのは教授の話も3代目の話も聞けた 俺 だったんじゃないかという気がする。ありがたや。


その後銀杏並木から学生会館、生協、食堂、イタトマ、アド棟などを案内し、奴と別れた。
東大の様子、把握できたかな?これがヴィジョンになれば俺としても案内のし甲斐があったというものですよ。

え?その直後のチャイ後の小テスト!?聞くな・・・ではなく、普通に満点だよ!俺すごくね?(←前日科学技術館でやってたからだろーがw)




<日本代表壮行会>


ことしもOBとして壮行会に参加してきた。

しかし、日本大会以外は壮行会手抜きだなw 結団式もないし、壮行会もたった1時間半ってww
しかもOB会枠(OB会のメンツが応援を好き勝手にできる時間)はたったの10分!
・・・なんで準・主役の出番の時間が縮小されるんだよまったく(怒)

ま、でも雰囲気は去年と一緒。好き勝手に飲み食いしながら、日本代表や付き添いの先生方としゃべるだけです。
てか、俺を覚えてる先生多っ!たぶんOBの中で一番覚えやすい(いい意味で目立ってる)のが俺だからだな♪


で、OB会枠の時間に。やることは「代表必需品セット(法被+名刺)」の贈呈と激励。
…かかった時間がトータル5分。俺の応援に 5 分 も 残された。おい(笑)
長くやってもしゃーないんで、今まで通り、”日本代表非公式應援團長としての必須エールセット(笑)”をメガホンで叫んでおいた。相変わらず、JBO委員長ほか偉いさん方の前でね


それから飯を詰め込み(←相変わらずスカベンジャー役w)、地下から後輩のカバンを地上まで運び上げ(28kg持って地上まで駆け上がって「さっすが應援團長!」と尊敬される。東大できたえた俺には朝飯前だよ、OBのなかで一番体力で生きてるんだからw)、バスに乗る代表団を見送る。

頑張ってこいよ~っ!!


結果はご存じだろう。だからここでは書かない。でも、よくやった!とくに2年連続の金メダルはね!!



<生物五輪シンポジウム>

俺がうちの学年の主だと自信を持っているのは、このシンポジウムで働いた(代表経験のある)うちの学年が俺だけだからだ。
で、慢性的な人数不足なんで俺が人員集めも担当することになった。俺だって伊達に3年やってない、3年分の強烈なリンクがあるんだ!
で、今回はバンビちゃん、ナカジおよびおきし(これはバンビちゃんの手柄だがw)を集めた。これがシンポジウムの人数の半分だから、俺活躍しすぎだろw


今回の8月18日のシンポジウムの目的は生物五輪、いや、科学五輪を普及させること。
そのための実験会のTAの仕事だ。
で、多くの予算が充てられているので食事代が出るという豪華版!
今回、このシンポジウムの金で俺は(会議の日)初めてイタトマの最高額のスパゲティを食ったぜw


実験内容は、植物の切片観察して、葉緑体抽出して光らせようとかいうもの。
俺は実験準備の特にめんどくさいところをやったので(てか、ほぼ下働き状態…)、当日は大変だった。
①大葉を買いに猛暑日の中7軒走り回る。すでに午前でウォーカーが12000歩超える。
②シリカゲルを乳鉢で粉砕。かたいうえに粉でのどが死ぬ。
トルエンを40本注ぐ。さらにのどがやられるが、なんか懐かしい匂いだった(※高校時代の美術の油絵の影響です。決して吸ってはおりませんw)
なんかかなり貧乏くじひいた感が。ま、いいか、主力だし。


本番は、野依良治が講演会をしてる間、俺らは最後の準備。
で、野依良治が講演会の時間を無視し、ただでさえ時間がないのにさらに時間が押して萎える俺ら。

俺は高校生テーブル担当だった(手間がかからないだろうからって自分から希望したw)が、今回来た高校生はなんと1人!
でも、人数が少ないってことは手間がかからなくていいってことじゃん!ってんで、一緒に実験して遊んでたぜ!やっぱり年が近く生物に興味があるやつとは話が弾んでいいね!
生物五輪、頑張れよ!


夜はもちろん打ち上げ。ただでサイゼリヤで好き勝手に食えたぜ!
その後はカラオケ。きたのは俺が集めたバンビおきしナカジ+俺という1年生4人集。
で、カラオケで冷房が利きすぎて寒いから全員 白 衣 着 て 歌うというキチガイ集団(笑)

で、バンビちゃんがいるからここでもコブクロ作戦ができるのだ!
今回増えた曲
Fragile mind
ベテルギウス
Door
少しずつ増えてるぜ!
で、帰ったころウォーカーは30000歩近くに達していましたとさ。


そんなこんなで、長い長い生物五輪日記も終わり。
おれはこれからもつくば大会代表団、並びにこの学年のリーダーとして、生物五輪に尽くしていくぜ!
じゃ、今度は普通の日記に戻るよ!

また、先ほどの日記の続きをかくよ!・・・おいそこ、遅いとか言わない!俺が受験だったのに、書く暇があると思うかい?でも、今でも書く意味は十分あるんだ!だって、俺が今まで楽しんできた道を、今度は後輩どもが楽しんでいくんだ。そして、そいつらと交流を持つことで、俺たちOBの輪はもっと拡大する。俺はしつこい人間だから、最後まで職務を全うするというところを、後輩に見せてやるという意味もあったんでね。でも、本当の重要な意味は・・・・・・それは、本文にまわすとしよう!














※タイトルを読まない不届き者のために断っておくが、これは 去 年 の生物チャレンジの日記である。



IBOつくばの翌日、俺は3回目の東邦大学に向かった。3回目の1次予選を受けるためだ。
全く、何で補欠としてあそこまで働いたのに1次予選が免除じゃねえんだよ・・・・・・で、またもや面白い親仁さんと遭遇。IBOつくばの様子を報告。この親仁さんにもお世話になったねえ・・・・


で、1次予選。結局3年間点数があまり変わらず(笑)
だってしゃーないじゃん。センター生物を解く俺みたいな生物マスターですら満点が取れないのに、あんな1次予選で点数が取れるわけがないんだよ(開きなおりっ!)


なんだかんだ言っても1次予選は通るんだけどね。
で、2次予選にこまを進めた。受験で忙しい高3だけど、迷わず参加しますよ。だって、4日間生物に興じたって、絶対に落ちねえよ。逆に、落ちたって生物チャレンジの4日間のせいになんか絶対にしねえよ。そんな信念で、参加することにしたのだ。


<2次予選@広島大学>

・0日目
2009年の8月16日。なんと駿台の東大実戦のまさにその日。俺は広島に旅立った。
別に模試をサボったんじゃねえよ。模試が終わった2時間後にはもう家をでて新幹線で広島に向かったのだ。俺史上初の「前泊利用」である。
東京→岡山→東広島と乗り換え、東広島に到着。
・・・ド田舎(笑)。
新幹線は集落をはずして作ってるとは聞くが、広島大学があるのはこんなド田舎なのか。東大とはえらい違いである。(最も前年のつくばもかなりの田舎だったが。)
宿に入って、ホテルスタッフにきくと、前泊で最後に到着したのが俺なのだとか。そりゃそうだ、終電(東広島に止まる新幹線)の1本前で来てればなw
で、ちょっと勉強してから就寝。さすが受験生♪


・1日目
実験試験1日目。
遠方の人のことを考えてなのか(大阪からすら遠いからなのか)試験は午後からなので、午前中は暇だった。宿の下で時間を潰すだけw勉強してればよかったんだろうか?
で、バスに乗るが、ここで今同じクラスのバンビちゃんと遭遇。最も、この段階では俺もあいつも気づいていなかったが(笑)。
広島大学に着く。やっぱり広い。さすが広大広大である。
↑不届きもののために解説しておくと、前者は「ひろだい(=広島大学)」、後者は「こうだい(ひろいこと)」と読みます。ギャグですねえ。
で、ホールに入って、自由時間に。ここもまた暇である。
飯を食っていたら、だんだんと知っている顔ぶれもちらほら見かけるように。さすが世界は狭い、つくばであった人間がわんさかいるのだw
ま、俺が覚えてたんじゃなくて、後輩M(またはW)が覚えてただけなんだけどな。ちなみに、開成代表は俺と、後輩ウォーターおよびイカさんの3人という、去年と 全 く 変わらん面々。後輩育ってねえw


で、俺らは教室に通され、実験試験1回目を受けることに。
今回は植物はゼニゴケが着たか。切片作りなんてお手の物だぜ!
・・・1株使って造卵器が1つも見つかってませんが?それが何か?
結局、造卵器探しで手間取ったが、スケッチは見事な点描(←自信過剰)だし、うまく行ったんじゃねえか?

と思ったら解説聞いて萎える。うちの教師がいってたコケの受精方法間違ってんじゃん!
これでメダル取れなかったらうちの教師のせいだなw
ちょっと鬱屈した気分で部屋を出たが、ま、重要なのは明日だよ!!


夜までに期待の星ほか後輩にも大勢会ったので、早速ホテルの下のロビーで喋ってた。
ここまで楽しみに来て、勉強なんてやってられるかい!
ま、話がほぼポケモンなのは俺の特色。ポケモン班3代目を作ろうと高1を狙ってましたが何か?
(ちなみに、現ポケモン班3代目は班が別だったので、このチャレンジでは会えませんでしたw)

そんなこんなで勉強ちょっとしてから就寝。勉強たって古文単語だけどなw


・2日目。
やっぱり朝はちゃんと起きるのが俺だ。誰かさんと違って寝坊はしないんだ!
しかし、ここで80人になったことの深刻な問題が発生。宿の下の食事スペースは30人も入らないので、時間差攻撃で4班に分けて食うことになったのだ(笑)
俺は2班目。男子の最初の班である。しかし、ここは俺のこと、10分前ぐらいには下に降りて、柱にもたれて時間を待っていた。別に、先に飯食ってる女子を狙ってたわけじゃないぞ!どこぞのガレオスじゃないんだからw


で、バスで広大へ。この日は実験試験2日目である。
午前中の課題は動物解剖。いやな予感はしていたが、やはり昆虫だ・・・
俺は去年は 軟 体 動 物 の解剖で思いっきり点数を稼いだので、動物解剖がある意味生命線なのだ。そこで苦手な昆虫を出されれば、俺の牙城はいとも簡単に崩れる。結構きついなあ・・・

まあ、減数分裂中の細胞とかはちゃんとみられたのでよしとしますか。
それに、俺にできない問題ならみんなできねえよw


そんなこんなで試験が終わり、飯の時間。
待機室の後ろの黒板で、期待の星が先導してポケモンお絵描き大会が始まった。
俺も遅ればせながら参入し、完璧なメタグロスを描き上げる。初めて多色チョークを使ったポケモン描いた(笑)
後で知ったが、この時間でもちゃんと勉強してる奴はいたらしい。高3は普通はそうらしいが・・・いいんだよ!ここまで楽しみに来たんだから、後輩との交流>>勉強だぜ!


で、午後の試験は生命物質。ついに来た、電気泳動。でも、3年目だからもう怖くないぜ!
・・・なんでセッティングが完璧にされてんだよ。何で俺がマスターしたころに初心者に優しくなるんだよ・・・(涙)ま、すでに準備されてたから何回やっても失敗する(笑)俺でも十分にできたんだけどね。
それにしても、泳動は時間がかかる・・・でも俺はおそらく40人中2番目だったはず。でもテーブルでは最下位。なぜって、俺のテーブルには唯一の国際出場者、期待の星がいたんですよ!?奴に勝てるわけないじゃん!
まあ、実験のほうはコンスタントに成功だったよ。終わって期待の星と話してたら激写されて、「日本代表対談」みたいな面白い写真になって送られてきた(生チャレが終わった後、向こうから写真が送られてきたんです)。


そんなこんなで、実験試験は終了!
しかし、俺は3回二次試験を受けたけど、どうして実験試験のコマ数が
5回(東大)→4回(つくば)→3回(広島)
って減ってんだろう。財政でも厳しいのかねw


試験が終わった後の生物チャレンジは、遊びの大会なのだ!
早速広大内のカフェに集合した我々。お待ちかねの、眠くなるサイエンスカフェだ!
今回は3部構成で、演奏→講演会→トークショー。
内容は講演会が北極圏の植物、トークショーはサイエンティストになった理由etc、だったかな。
よく覚えてないが、映像駆使で面白かった。
サイエンスカフェってのは、途中で飲み食いできるのも魅力。特にこのカフェの食い物はうまかった記憶がある。ただし、みんな考えることは同じで(変人の俺を除く)、俺の好むサラダは残るけど、菓子パンは 一 瞬 で 消 え る という争奪戦が繰り広げられた。この争奪戦に巻き込まれないのも知恵使うわw


サイエンスカフェが終わってすでに時間は遅いのだが、この日はまだひとつイベントがあった。小高い丘の上にある天文台の見学である。
ここの詳細は良く覚えていないが、3D眼鏡をかけ、時間をワープする4次元シアターみたいなものが。最も、俺は4次元がどんなもんだか良く分からんのでどこがすごいのかよく分からなかったがね・・・
後は巨大な望遠鏡。望遠鏡自体は近所のプラネタリウムに通ってたので珍しくもなんともないんだが、あんまり見ない形だった。でも個人的にツボにはまったのは、「整理整頓」という張り紙の下の机に物が山積みされていたこと。皮肉かww
後はド田舎であることを生かした星空。丘の上なので、相当美しく夏の星がみられた。実は最後に美しい星空をみたのは、このとき以来未だにない(汗)


さすがにこの日はだべらず、部屋でつぶれた。



・3日目
この日も早く起き、朝飯会場に早めに行って(略


午前中は広大が所持する牧場見物。
バスを降りた瞬間に何とも言えない匂いが漂う。そうか、これはサイロ生産の匂いだ。
しかし、サイロ生産にしろ動物の匂いにしろ、俺は陸上生物の匂いは性に合わん。なぜだ?海の香りなら磯臭くたって(最悪海洋生物の腐ったにおいだって)平気なのにな。これが個人差といったところか。


は両生類研究所とかかね。元両生類班班長のイカさんが盛り上がってたねw


牧場が終わると、とりあえず最先端研究まで待機だったんだが、そこで某高校の2つ下(=当時高1)に話しかけられる。え?俺を知っている?部誌編集長として?
ああ、俺が去年発行した「生命の叡知 大紫」か!こいつ、俺の部誌を読んでいてくれたのか!
やっぱり書物の力(およびそれを発行する編集長の力もw)は偉大だと感じたね。ま、俺の部誌は歴代でも最高だから、賞賛に値するものだと思うけど(←自信過剰)。


しかし、去年のつくばに比べて最先端研究体験は縮小されたもんだなあ・・・
なんで3日目の午後だけなんだろうな。4日目は発表だけ。始まりが遅いだけでなく終わりも早い。
最先端研究体験で俺が最も楽しみにしていたのが、俺がたまたま本を持っていた教授の研究室だ。魚の性転換他の研究を見た。後はダイビング器材をしょってみる体験。他の人がふらついてるので重いのかと思ったら、俺は簡単に担いでしまった。てか、普段の通学カバンより軽いんですけど(笑)
後は今はマンボウという1種なのが分かれる可能性が出てきたことを聞いて、やはりな、と思った。鴨シー(かどこか忘れたけど)のマンボウが、やけに舵ビレが丸いことに薄々気づいていたからだ。やはりな。別種だったか。ちなみに、名前は「ウシマンボウ」らしい。
他の最先端体験の様子は略そう。めんどいからw


で、いよいよ最終日のパーティへ。これがお待ちかね!最大のイベントだ!
今回は高級そうなホテルの1部屋を借りてビュッフェ形式の豪華なパーティだった!
東大のときと同じで懐かしい。つくばでは生ホタテの出てくる炉端焼き…いや、バーベキューだったことを考えるとw

そしてこのパーティで、ついに俺が広島に着た 最 大 の 目 的 を達成!あのエチゼンクラゲの権威とじかに会って話ができたのだ!エチゼンクラゲの話ともなればしょっちゅうテレビに出ていた先生だけに、クラゲ好きの俺としてはぜひ会っておきたかったのだ!これで広島に来たかいがあったってもんよ!ミッション・コンプリートなり!(テンション加速的に上昇)
・・・てか、先生の口から俺がクラゲに詳しいと言ってもらえたし。ありがたいことです。ホントに。


で、ミッション・コンプリートの達成感を味わいつつ就寝。
後輩ウォーターに座談会に参加しないか言われたが断った。さすがに勉強に戻る体力が持たんしw
で、復習をして寝た。


・4日目
またまた朝早く(ry

結果発表の会場へ。
ハートゴールドとソウルシルバーどっちを買おうか迷っていたので、メダルの色で決めようと思っていた。
結果は…よっしゃ、また銀メダルが取れたぜ!(去年より下がったらどうしようと思ったので一安心。)
じゃ、買うのは願いも込めてハートゴールドだ!←適当w

で、強化合宿を受けたのに金を取ってない自分は棚に上げ後輩ウォーターにやや辛口の文句を言いつつ、代表選抜の面子をチェック。なかなか期待させてくれるねえ。この中からどいつが俺の妹分・弟分になるのかな?と楽しみにしつつ、クラゲの先生とJBO委員長にサインをもらって・・・


俺の生物学オリンピックはすべて終了!!


後は知り合いと話しつつ東広島で別れ、陸路で5時間以上かけて帰ったとさ。

この生物チャレンジで、また後輩とのつながりが作れたこと、および俺が結構有名人だということが確認できたことなど、いろいろ収穫はあったさ。引退試合として、ホントに参加したほうがいい。今の俺が証明している。受験になんか、響かねえから。



で、実はまだ俺のOBとしての仕事は残っているのだ!
次回は、この1年の俺の
日本代表非公式應援團長&ポケモン班初代班長
としての活動を語るよ!まだまだ先は長い・・・・

ものすごく遅く、かつものすごく時期はずれだが、国際生物学オリンピックつくば大会のニッポン代表団にいた俺として、その日記のようなものを書き留めておかねばならないと思ってここに記す。生物学オリンピックは本当に面白い大会だが、それは行ってみないと分からない。もちろん、代表団になったのは若干運要素も混ざっているが(逆に、代表になれなかったのも運が悪かっただけなのだが)、そうなった以上、俺はこれを書き残す義務があるんだ。ま、前置きはこのぐらいにして、つくば大会代表団がどうすごしてたかみてもらおうじゃねえか!!















生物五輪。それは俺の第2のふるさと(第1は開成)である。
俺は国際生物五輪つくば大会の日本代表団にいたのだが、高3で受験も忙しかったためその様子を一切書いてなかった。その罪滅ぼしとして、今まとめます。
時系列とかあいまいだけど許して(涙)


<2008年8月>
生物チャレンジ2008。詳しくは前ブログで
代表選抜”3次決戦”にこまを進める。


<2008年11月>
いよいよ3次予選だ!科学技術館に集合した15人のスペシャリストたち。
試験問題が配られる。さあ、思い切り解き散らかしてやるぜ!


・・・・・・はい。解き散らかしました。できた自信など一切ありません(笑)。
でもそれは回りも同じだろう!俺だって生物の申し子だ!入ってる可能性だってあるんだ!!


<2008年12月上旬>
発表日。その日はノーベル賞告知のように(笑)、電話が来る予定だった。
俺たち代表候補はチャットをやりながら、誰に電話が来るかを待っていた。
時々「℡来た!・・・友人から世界史の質問で!」とかフェイントかけつつねw

でも、結局その日、チャット仲間の誰にも電話は来なかった。
(しかし、実は後で発覚したが、代表にはちゃんと電話着てたらしい。)


しかし、翌日!
 
日 本 代 表 補 欠 就任通知の手紙が舞い込んだ!

よし!これはある意味チャンスだ!
だって補欠なら、好き勝手サボっていいじゃん!運動会活動(前述)と兼ね合えるじゃん!

俺の基本スタンス”どっちもほどほどに”が決まった(笑)。


<2008年12月下旬>
第一回の強化合宿が、東邦大学で行われた。
なんだい、代表団の皆さん結構本気だねえ。
そんなに代表ってもんは情熱をかけるものだとは知らなかった(今は同期や後輩のおかげで知ってますw)。
ま、お気楽もんの俺はテレビカメラの前で”補欠なんで、適当に楽しもうと思います”とかのたまったけど。
ホント俺には「敵なし」である(笑)


今回、俺は1日だけの参加だった。しゃーないじゃん、代表団にいるなんて思わずに予定組んだんだから(笑)
この日は、午前中が例の面白い親仁さんに連れられて東邦大の植物めぐり、午後がジャガイモほかの組織の顕微鏡観察。やっぱり切片作りはきついねえ。

(新コーナー!)俺の悪戯;午後、ジャガイモを剃刀で加工して芸術的なシイタケとかナスとか作ってた。「日本代表初代いじられ役」に見せたら絶賛された(笑)。

いいんです。補欠は楽しんでりゃいいんですから。大会出られない分、気楽に受けられるおいしいポジションなんだぜ!!

そんなこんなで、一回目の合宿途中離脱。

ちなみに日本代表のメンバーを、これからあいうえお順に「いじられ役(orカモ)相方1・ポケモン班(or期待の星)暴走ストッパー」と呼ぶことにしよう!全部俺とのかかわり方由来だぜ(笑)!
ちなみに、補欠の相方もでてくるよ!


<2009年3月>
第2回強化合宿に行った。記念すべき公欠1回目をとって!

今回は明治大&東大。キャンベルの訳者の気さくなおっさんに講義を受ける。
内容は良く覚えてないけど、
1日目;酵母の成分を制限酵素でズタズタにして泳動をかける・GFPを酵母に放り込む
2日目;1日目の続き+環境問題ほかの講義(内容もりだくさんで終わらずw)
3日目;発生関連の講義と蛍光顕微鏡の実習(?)
4日目;昆虫の解剖
こんな感じだったかな。昆虫苦手なストッパーが4日目死んでたようなw

俺の悪戯;
教授の研究室にあったダンベルで早速運動会に向けて体力づくり!暇さえあれば上げ下げして鍛えてたぜ(笑)
カモの電気泳動のウェルに 適 当 に アプライ。実験結果ちゃんとでたんだろうかw
講義中寝る(3回!)。運動会シーズンで死んでたんだからしゃーないじゃん!
昆虫をエーテルを使わずに悶殺する。悪趣味以外の何でもねえwwでも自然界ではクモなんかにやられてみんな悶死してるんだから関係ないよねっ(開きなおりっ!)w


今回はあんまり悪戯しなかったかな←十分やっとるわw

ま、よくわかんないんで生物学面ではいいや。

この合宿で正式にポケモン班を結成。「生物五輪日本代表団ポケモン班」。俺が作った三つ目(!)のポケモン班だぜ!
この日の希望の星との対戦は過去の記事に書いてあるんで参照のこと。やっぱり俺は読みが下手です(涙)
後は、相方1と漫才(てかギャグの応酬w)やってみたりして好き勝手に遊んでました。こんな人間ですからw

ちなみに、この合宿でカモが部屋で荷物を広げまくる&朝寝坊なことが判明。
俺の宿での基本スタンスは、「荷物を広げない(全部手の届くところにおいておく)」&「早起き」だから、かなりカモはその被害にあっていたようです。俺は今回の合宿ではいじられ役さんとの相部屋が多かったね。
後でポケモン班の別の後輩に言われたけど、ここまで強力なポリシー持ってる野郎って最近では少ないんだってね。そりゃ俺は昭和30年代生まれだとかよく言われますから(笑)。


いい感じの運動会の息抜きになったね。


<2009年GW>
自分史上2回目の公欠をとり、東邦大学へ。しかし、強化合宿だから向こうが費用出してくれるってのに、何で交通費が総額360円(片道180円)なんだよww
俺ほどJBOに負担 か け て な い 奴もあるまい(笑)

東邦大で例の親仁さんにあい、カオスな合宿スタート!!

メニュー
1日目;数学。
2日目;数学。
3日目;化学。
4日目;化学・物理。

↑ひでえなコリャ(笑)。でも、ホントに脳が疲弊しました。生物じゃねえよこれ・・・・
気を取り直してメニューをかこう。

メニュー改
1日目;葉っぱの厚さとかダンゴムシのなんかとか使って統計の練習
2日目;タダナエ群島のヘビの口がでっかく進化した理由を探る
3・4日目;酵素の理論の勉強。2種のヘキサシアノ鉄酸イオンとか分光光度計とか使ってた記憶が。何酵素の実験かすら覚えてない(汗)

はい、内容のほうを俺に書かせるとどうしようもなくなるという仮説がが有意水準95パーセントで採択されました!(笑)

俺の悪戯
高いところの枝を切るナイフに棒が突いた器具を使って旗持ちの練習 カモ「何してんの?」→俺「IBO本番では日の丸の旗持ちをやるかもしれないからね、その練習だよ!」→カモ「はあ・・・」  ※俺は補欠なので、IBOで旗は持ちません(笑)
検定に使ったダンゴムシをテーブルに這わせて遊ばせる
シマヘビを首に巻き、カモほかに け し か け る(笑)
アルコール漬けの標本のヘビを無理やり曲げてリアルな姿にする(とぐろ巻かせたり)
机に合ったのど飴をあらかた一人でなめきる(だって運動会シーズンでエール歌わなきゃならんのに声かれてたんだもん)
筋トレしたりエールの練習をする(運動会1週間をきってたんだよ!)


あれ?あんまり悪戯してない?←十分だよ


今回は3日間ともかもと同部屋でした。てか、ホテルよりうちのほうが時間的に近いんですけどww
で、ここぞとばかりに荷物広げてた。俺は相変わらず手の届く範囲に置くだけ。おかげで2つのベッドの差が激しいw
それ以上に面白かったのが俺とカモの部屋が相方s(代表の相方と補欠の相方のコンビw)の部屋の1.5倍ほど広かったこと。何だこの待遇の差(笑)
朝は下のファミレスで朝食セットだったので、毎日かもを叩き起こしては開始時間ぴったりに行っていた。俺は時間に正確なんです。いや、性格というよりは早くつきすぎる癖があるんで(笑)

ま、いつもの通りハイテンションで好き勝手に過ごしてましたw


今回も運動会からのいい息抜きになったんだが・・・今回ばかりは息抜きというよりは早く戻りたかった。


<2009年6月>
3回目の公欠(略
今回は科学技術館だぜ!ついに3次予選の舞台に舞い戻った!

メニューは、
補充講義以外は全部過去問演習。
それが終わったらお楽しみの O B 会 !

過去問については語るまでもない。てか語れない(笑)

今回は俺というよりは相方のほうが珍プレーをしてたね。
今回は九段会館という歴史のある宿だったんだが、その部屋で。俺らが電気を消して出かけようとすると、相方が「あ”!」と悲鳴を上げる。どうしたのかと思うと、 ド ア ノ ブ が取れていた!そりゃ古い宿だったから当然かもしれないが、相方は俺によってその日1日笑いものになってしまったというw
てか、今回は俺は代表の相方と一緒の部屋だったんだが、今度はかもと補欠の相方の部屋の2倍ぐらい広く、しかもソファーつき!何で俺のいる部屋は広くなるんだろう、俺ってVIP待遇じゃね?(笑)
そんなこんなで、俺らの部屋に6人集合してわいわいやりながら夜を明かした。

そしてお楽しみのOB会!
OB会は盛り上がるね!
各大会のレビューが受ける。今回分かったんだが、語り部は芸人がやるほど各大会の様子がよく分かる。つまりつくば大会は俺がやるのがベストだということですね!!←語れねーだろw
後はOBに大会の感覚を聞いたりね。最も俺は聞いても意味ないが。

そして最後に締めの言葉を求められたので、ここぞとばかりに日本代表に書いた手紙を手渡す。
応援状として、「この手紙はつくばに着いた夜に開封しろ」と書いておいた。
そこで、
「俺は日本代表非公式應援團長に就任する!」
JBO委員長やチームリーダーがいる前で宣言した。
もはや自由奔放な俺には”敵なし”である(笑)

この最終合宿でうれしいことが2つあった。
1つ目は、まあこれは当然のことだが(←傲慢w)、IBO@つくばの最終日に参加させてもらえると決まった事。そりゃ、自国開催でしかも近いんだから行きたいでしょ!で、それが叶ったってわけ!
2つ目は、日本代表OB会に初の「代表経験なしのOB」として登録させてもらえたこと。すなわち補欠のみのOB会員の誕生である。これからも非公式應援團長が務められるのか!やったぜ!!



<2009年7月>
いよいよIBOだ!

・日本代表団結式&壮行会
日本代表が国際大会に旅立つ日だ!つくばのねw

壮行会は科学技術館の地下レストランで行われた。俺は早々とOB会枠で参加w
また調子に乗って、
「日本代表の、健闘を祈る!第5代日本代表非公式應援團長っ! 頑張ってこいっ!日本代表!」
という台詞を偉い先生方が大勢いる前でメガホンで叫んだ。もはや俺には(ry
そして日本代表が去った後、OBと一緒に残った飯を食い尽くして帰った。俺はスカベンジャーか!


・IBO本番
長すぎるから追記へ。続きだからってポケモンの話だけじゃじゃないからな!

more»

合宿に行くと、普段はあんまりみられないものが見られるというのはどうやら本当らしいな。ただし、俺の場合はそれは生き物関連の話なんだろうね。知らない土地に行くだけなら一人旅でいいもんね。生き物をみると実に心が惹かれる。俺は自称”海の男”だから(船酔いするけど(笑))、海に出て生物を採集するのが好きだ。特に新しく生物を見つけたときには、その感動は計り知れないからね。










東大の三崎の臨海実習所で開催される「海の生物採集分類ゼミナール」の合宿に行ってきた。
三崎の実習所(理学部管轄)は将来いく可能性があるから見ておきたかったわけである。
しかし、このゼミは最高だ。毎日海で半ば好き勝手に採集し、それを部屋で観察して(時に解剖して)スケッチし、最終日に1~2種について発表すれば2単位(!)なのだから。生物好きには遊んで単位の来る授業なのだ!



当然、10組生物班も行っている。しかも3人!しかも1年生はその3人だけである。いやはや、うちの生物班はアツすぎるぜw


では振り返ろうか。


<1日目>
集合は2時だったので、午前中は10組生物班ボケ担当(笑)と油壺マリンパークへ。実習所の目と鼻の先なのだ。
やっぱり、ショーの質が段違いだ。専用の屋内ショースタジアムで、音響照明小道具きぐるみ(笑)を駆使したとんでもなく手のかかったショーなのである。しかも訴えかけるのが大概「平和」。結構見入ってしまった。
ほかにも、魚のショーや回遊水槽のシロワニ、およびメガマウスの標本など健在だ。ただし、個人的に海洋深層水館の規模が縮小されちまったのが残念。

そして三崎マグロの定食(←ぼったくりw)を食い、集合時間。


この日のメニューは、施設見物と灯火採集。

・・・・・・おい。ボロいぞw
研究棟だけ最新で、宿舎と臨海の記念館がめちゃくちゃボロい。
しかも俺たちが利用したのは後の2つ。
はあ。

まあ、でもさすが臨海所というものもあった。
まず、 新 鮮 な 海 水 の 出 る 水道(!!)
すごいぜ!その下に水槽置いておくだけで、水替えもろ過もエアレーションもいらない!
研究というより、むしろ飼育に最適な環境だな(笑)

そして実習所専用の桟橋と船!なかなか楽しみだねえ。船酔いしなければ(笑)

夜間の灯火採集は、ウミヘビ(魚のほうだよw)とかカニとかガンガゼ(毒ウニ)とれたね。なかなか豊かな海だ。


しかし、この夜に恐怖が待っていた。
何だこのの数。夜中に10箇所以上刺されただろうか。
ボケ担当は、2時ごろに20匹以上殺してました。これぞ「第”2時”せ”蚊”い対戦」w
↑くだらね~



<2日目>
朝から曇り空。ちなみに俺の誕生日(笑)
この日は磯および干潟採集。雨にぬれながら。

結構いろいろとれたけどね。ハオコゼとかゴンズイとかガンガゼとか(いずれも有毒生物)w
誕生日にこんなのばっかとってた俺って・・・・・・
いや、ほかにもトゲモミジとかオヨギイソギンチャクとかユウレイボヤとかレア物も混ざってとったよ!

そしてスケッチ開始。点描の嵐。若干手が死に始める。
本日のスケッチは、ユウレイボヤ・スジエビモドキ・イトマキヒトデ。
イトマキヒトデなんか、体表が濃すぎる上に模様が複雑で点描きつい・・・。

で、夜は交流会。他大学の人も来ていて大いに盛り上がる。そして 飲 む 。
俺は未成年以前に下戸なのでもちろん(ry


<3日目>
午前は付着生物の観察。シロガヤかと思ったらハネウミヒドラだった。
午前のスケッチは、ヒラムシとフサギンポ。フサギンポで点描マシーン状態(笑)になる。

午後は船でドレッジ(海の底を籠で曳く)に出かける。海はあんまり荒れておらず大して酔わなかったので安心。
深いところにいるブンブクチャガマの仲間などを採取。
ここで取れたかわいいスナダコをスケッチ。

夜も点描続き。スナダコの体色の比較をしようとしたら、濃いときの点描で親指が死んだ


<4日目>
もはや親指の感覚がないまま起床。

海が荒れてるのにプランクトンネット採集に出かけやがった。
そのため酔う人多数。俺は何とか酔わずにすんだ。もちろん採集の細かい手作業はしなかったからだけど。

そのプランクトンを顕微鏡画でスケッチ。プランクトンは顕微鏡でみるので色が薄くて点描が楽♪

そのとき、ついに3日間みる事ができなかったクラゲが搬入された!早速もらった。
やった! 6 年 ぶ り の ギンカクラゲだ!
ちょっと小ぶりだったが、喜んで点描。
・・・なんでこいつカサが黒いんだ?(ギンカクラゲの通常色は名前の通り銀白色。)
おかげで点描の手間が増え、再び親指が死ぬ。あれ?案外この合宿楽じゃない(笑)?

でも久々にギンカクラゲを見てテンションアップ!
指で突っついたり(注;毒ありますw)息を吹きかけたり(注;水面に浮いてるんです)。遊んでました。

で、最終夜。発表の準備しつつ、また飲み会(苦笑)


<最終日>
片づけをして、ギンカクラゲを発表。飯食って解散!
そこで所長からの案内。
「油壺マリンパーク・海洋深層水風呂の割引券あるから使ってくれ。半額だよ!」
・・・・・・俺正規料金で入ったんですけど。850円損じゃん。

悔しいので、海洋深層水風呂に半額で入ってきました。この4日間シャワーだけだったので、潮水の風呂は身にしみました。

そんで、帰宅。



あんまりまとまった日記じゃねえけど、どんなことしてたかお分かりだろうか?
生物好きは2年でもいいから参加してくれよな!


さて、時間が前後して申し訳ないが、
次回いよいよ生物五輪関連をまとめるよ!
超長文になりそうだが、お楽しみに!
・・・・え?何で今頃かって?
韓国大会のこと書いたブログがあるのに、つくば大会のがないのは自国開催として悔しいから。

ポケモン仲間なんてのは、どこだって作れるもんだけど、互いの家に行って集会を開いてまでやりこむ酔狂な野郎はなかなかいないんじゃないかな。今日はそんな元開成の面々が集まる集会が再開!さあ、「トリオ・ザ・ポケヲタ」とその首領の俺が、今日はどんなバトルを繰り広げたんだろうか。ちょっと注釈を入れるが、首領といえども俺が一番強いわけでもなく、むしろ厳選が甘いので同属対決では一番弱いんだからね・・・・・・
















もう追記に書くスタイルはやめます。今日はポケモンメインだったんだから。


例の、「トリオ・ザ・ポケヲタ」と俺は、高校時代の同期であり、1ヶ月に一回ほど「集会」という名のポケモン大会を開いていた。
今、四人とも大学に入ったので、それを再会しようと集まったのだ!


何をやるかといえば、ほぼ朝から晩までポケモンである。
今日は輪をかけてポケモンの時間が多く、俺なぞは 7 戦 もした。

今日はなかなかすごかった!なんと
オクタン&ノクタス大活躍!!




7戦を振り返る。


<1戦目★>
俺vsHughes6→3見せ合い
フワライド・キングドラ・ソルロック
という半雨パで行ったが、ハピナスのてんのめぐみが2回発動し、しかも麻痺でしびれるという運のなさ!
ソルロックで2体目を大爆発で相打ちにするのがやっと。


<2戦目☆>
同・1戦目で、見せ合いで使わなかったほうの3匹での余興。
ユレイドル・マルノーム・ムウマージ
ユレイドルが挑発されるが、俺のユレイドルはアタッカーなんだぜ!
あわやユレイドルが3タテかという勢いで進んでいった(笑)
しかしマルノーム(←こいつもアタッカーw)は火力なさすぎる・・・・・


<3戦目★>
トーナメント1戦目・俺vsHughes・同
エンペルト・マタドガス・ヒードラン
砂パと匂わせて違う構成で言ったが、若干ギャラドスの火力と耐久をナメていた・・・・・
てか、高速移動が決まればエンペルトが止まる相手はギャラドスなど少数なのに、そこに当たっちまうとは。
で、ドガス(←これまたアタッカーw)の雷でギャラドスを、大爆発でメガヤンマを相打ちに持っていくが、ヒードランが加速催眠を食らっていて起きず、どうしようもなかった・・・・・
ってか、何で催眠2連で当たるんだ・・・・状態異常運ホント悪い(泣)


<4戦目☆>
別トーナメント1戦目・俺vsガレオス・同
バンギラス・ノクタス・ルナトーン
完全砂パでガレオスを叩き潰そうとしたが、メンツがビミョーだなw
しかも、バンギがいきなりジュゴンのスカーフ絶対零度食らって一撃死!砂起こすだけの置物と化した・・・・
しかし、そこからノクタスが活躍!ジュゴンを種爆弾で倒し、キングドラに不意打ちでダメージを与える!
ただ、ナッシーだけは眠りごなを食らい、起きたターンに不意打ちが失敗してまた食らうという悲劇!
すながくれも肝心なシーンで一回しか発動せず、撃沈。
最後に残ったルナトーンでナッシーを潰し、キングドラのハイドロが外れて辛くも勝利!
あぶねえw


<5戦目☆>
トーナメント決勝・俺vsHughes・同
メンバーは同じという縛り。
今度はバンギはしっかり活躍。
アグノムにはとんぼ返りで逃げられたが、交代で出てきたボーマンダに噛み砕く、かわらわりをヨプで耐えもう一発噛み砕く!倒した!次のアグノムのとんぼ返りでやられたが。
今度はレジスチル対ノクタスという状況に。このレジスチルが硬すぎる・・・・のろいと度忘れを積みきって眠って回復しアイアンヘッドで攻めてくるという鬼畜レジ・・・・俺も使ってるけど。
で、ノクタスのけたぐりも半分近くで耐えられ、ガンガン積まれる。やばい・・・・・
しかし、このレジスチルにはひとつ怖い弱点がある。急所である。急所に当たると積みが無視されるため、うかつに体力が減ってると1撃KOされるのだ!
まさに運ゲーノクタスがそれをやってくれた!急所にけたぐりをぶち込んでレジスチルKO!!
そしてアグノムに不意打ちをぶち込み、襷ごと砂嵐で潰して勝利!

なんとあのノクタスが大活躍!運ゲーもはまるとこんなに怖いのか・・・・・




しかし、この後さらに恐ろしいポケモンが待っていた・・・・・



<6戦目☆>
マルチwithガレオスvsHughes・アルバート
フワライド・デンリュウ・オクタン(タコ神!)+オドシシ・メタグロス・ギャラドス
で相手が
ラティオス・トゲキッス・マニューラ+ギャラドス・ボーマンダ・ポリゴンZ
俺以外みんな厨パだw(俺だけメンツ浮いてね?)


俺らは相談し、オドシシでトリルフワライドで雨を発動する雨トリパを考えた。
で、最初からオドシシ・フワライドvsラティオス・ギャラドス(←相手厨ポケw)
相手がフワライドを集中攻撃してくれたので、どっちも発動完了!
しかし、困った。このメンツではオクタンで倒しきれない。
そこでデンリュウを出した。ただ、見せ合いがなく、相手にガブがいる可能性があるので、雷を打たず、ラティにシグナルビーム!・・・半分しかきかねえ・・・・で、そのターンも集中攻撃を受けデンリュウダウン。
で、俺だけ残り1体になり、オクタン光臨!ちゃんと眼鏡をもって潮吹きも装備!
オクタンの しおふき!
しかしここはラティオスに守られ、ギャラはしとめ切れない!やばい・・・しかしこれは奇跡の前の失敗に過ぎなかった!
このターン、オドシシはオクタンにスキルスワップで威嚇を移し、再度発動させるという頭脳プレー!
そのおかげでギャラドスのエッジがオクタンにヒットするも、2割ほどのダメージですむ。そして・・・
オクタンの しおふき!
ラティオスKO(1匹目)!ギャラドスKO(2匹目)!
相手はトゲキッスとボーマンダを繰り出すがかまわず・・・・
タコ神(名称変更w)の しおふき!
トゲキッスKO(3匹目)!ボーマンダにも致命傷が入る!
相手はマニューラとボーマンダになったがかまわず、
タコ神の しおふき!
ボーマンダKO(4匹目)!!マニュには耐えられる。
さあ、しとめるんだ!

・・・あれ?
しおふきのPPがプレッシャーにより切れていた!
悪あがきの反動で、タコ神劇場終了(笑)。でも厨ポケ4匹倒したオクタンはすごい!
後はガレオスが始末してくれました。


てか、雨トリパが決まったときのオクタンの潮吹きは恐怖の一言であるということが分かりました。なかなか決まんないけどなw



<7戦目★>
シングル66。vsHughes(またかw)
ダイノーズ・ホエルオー・レジアイス・キュウコン・バクオング・色違いトゲキッス
ほぼ新ポケのお披露目のためなんで構成考えずにいったら読み負けて惨敗ww

まあ詳しくはいいや。


あとは、スマブラとか。
俺が強くなってて・・・・・いや、他が弱くなってたのか知らんが、なぜか勝ちまくった。相変わらずピカチュウとセガの陰謀は強すぎるなww
太鼓の達人とか。記念すべき、俺が”おに”をはじめてクリア!しかも曲はコブクロの「蕾」!好きな曲で初クリアとか俺スゲーー!!


・・・マリオカート?んなのやったっけ?


そんなこんなで集会終了!!

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 海洋生物至上主義者の生物漬け日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。