スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生活というのは、始めは、なんとまあめんどくさいことか。まず、時間割から自分で決めなきゃいけない。若い頃はこれにあこがれるんだが、やるほうはたまんなくめんどくさい。制約多いしね。さらに、飲み会が増えた。家計が下戸なもんでこればっかりはどうしようもないんだなあ・・・・・・・ま、ちょっとずつ呑む用意をしておくか。でも、居酒屋で一人ご飯を食べてるって結構あこがれないっすか(笑)









大学はいったんで、その話をしようと思ったんですが、瑣末なことは書いてもしゃーないんで、ざっとだけ書いときます。



・クラスご対面
理Ⅲが5人ですね。結構ノリがいいな。ただ、惜しむらくは生物選択が少ないこと。ちなみに俺の手を煩わせる高校元同級生(笑)は一人もいませんで一安心。


・オリ合宿
ま、フツーに過ごしてました。いいイベントですね。飲み会を除いて。←呑めない


・サークル
生物研と落研(落語研究会)。今はどっちかってと落研になじんでます。2つ入って活動が週1って言う謎仕様(笑)


・科目選択
週20にしようか19にしようか迷った挙句、19に抑えました。
飯の時間をとるため、週4日2or3限をあけて、その代わりに1限フル、5限フルという本末転倒な時間割となりました(笑)
生命科学のシケ対に入り、クラスの生物未修者に生物を教えることになりました!!
理Ⅲに教えるって、人生最初で最後かもね(笑)




落研だけに、「(笑)」の多い大学生活ですね。
おあとがよろしいようで・・・・・


スポンサーサイト

いよいよ旅行も事実上の最終日か・・・・・・長かったようで、やっぱり長かったな。いいか、鉄道旅行をする奴に言っておく。旅行は、長かったと感じられるようにならなきゃ真髄も何も極めちゃいないんだ。短かったなんて思ったらぜんぜん充実した旅じゃねえ!!もうしばらく旅はいいやと思うような旅をして初めて、旅をめいっぱい楽しんだといえるんだぜ!!!!









朝起きたら、案の定トリオ・ザ・ポケヲタ全員爆睡中
ま、今日は早く出る必要がないんで、俺だけで朝風呂につかってました(笑)


てか、言いだしっぺのHughがあんま温泉楽しんでないっていったい・・・・・



朝飯もたらふく食い、出発。この日はまたもや4人で串本海中公園へ。
断っておきますが、俺が誘ったわけではありませんよ。トリオ・ザ・ポケヲタがついてきたんですよ。


俺は短時間では堪能しきれないと思い、観光船ステラマリスをやめ、海中展望塔と水族館に専念することにした。
やはりこの選択は正しかったと確信。海中展望塔だけで見所多すぎるわ(笑)



・海中展望塔篇

ステラマリスに乗るトリオ・ザ・ポケヲタを尻目に、一気に海中展望塔に乗り込んだ。
今日の海は串本にしては珍しいほど静かだったので、期待大だ!!

・・・

・・・

なんだ!?このメジナの村は!?
ガラス面の回りメジナばっかじゃねえか!

でも、メジナがいない隙を狙えばいろいろな魚が見える。
スズメダイや、ベラ、ゴンズイなどがちらほら見える。


一番の見所はクリーニング。
この日はかなり近くでホンソメワケベラがクリーニング店を開き、いろいろな魚が出入りしていた。
タカノハダイやメジナ、ベラ類などがいれかわり立ち代りやってきてはクリーニングしてもらう。

ああ、いつまでたっても見飽きないな・・・・・
と思ったら1時間たってたよ。時間たつのって早いもんだねえ・・・・・・



で、展望等の上に出て、メジナの群れの意味が分かった。
メジナのための餌が売ってたんですね。いろんな人(主にガキと物好きカップル)が餌をまいてました。

といいつつ俺も買ってしまった。
ただ、迷惑小僧の俺のすること、餌を少しずつ遠くにまいて、最後は豪快にオーバースローして、メジナの群れを展望等から遠ざけたさ(笑)



・水族館篇

大騒ぎの展望等から水族館に戻り、串本の海を堪能。
以下、珍しい+面白いものたち。

・巨大モヨウフグ

・珊瑚の海のキューブ水槽。串本は珊瑚の海なのだ!!

・無脊椎動物の種類。面白いほどいっぱいいて、しかもやたら詳しい。

・ミノカサゴ水槽のウミケムシ。初めて見た。

・アルビノのウミガメ・・・・・・ではなくアカウミ・アオウミ・ヒメウミの混泳。群れは結構壮観。

・黒潮の海のトンネル。さすが太平洋。


そんなこんなで気づけば飯食う時間もなく出発の時間になっちゃったよ。
でも、すばらしい水族館だったさ。




さて、串本駅に戻った我々だけど、実は4人で共謀(笑)して、松阪駅の牛の駅弁を予約しておいたのだ。
これには松阪に誰かは先にいって駅弁を確保して最終の快速みえに乗り込まねばならない。
当然ながらこの役目は俺なわけだ。
ということで、俺だけ串本を特急で出発することに。
当然ながら、先にあったかい弁当を食う権利と人のを盗み食いする権利は俺にあるのです(笑)


特急で快適に50分旅をしたと思ったら、今度は3時間延々鈍行にゆられて松阪駅に到着。
はっきりいってこの頃は足元がふらついてました。


そして予約していた駅弁をGET!!
・特撰牛肉弁当×2
・モー太郎弁当×2

そして、特撰牛肉弁当を食いつつ、トリオ・ザ・ポケヲタのぶんのすき焼きをつまみ食い
おいしく頂きました!(若干さめてたけど)


トリオ・ザ・ポケヲタののる快速みえに駅弁を積み込んで任務完了!!
奴らも旨かったらしいよ。毎度毎度味覚がおかしい俺だが今回はあってたようだ(笑)



そんなこんなで、あとはながらに乗り込んだ。




翌日、東京に着き、解散。
さすがにもう伊豆半島に行く元気はありませんでしたよ。
かえって生物五輪の奴と耐久チャットやったけど(笑)

旅行3日目は一気に本州最南端を目指すルートだ!!通る県は大阪と和歌山しかないってのに、コレがなかなかの距離なんで、結構予定が押すんだよね。だから計画が破綻しそうな某人のことがちょっと心配だったけど、先に潮岬まで行ってるという荒業(チキンプレー)で見事解決!!そりゃ、現地に一番乗りすりゃ遅刻しないわな・・・・・・・










・3/27

大阪で起床。隣のアルバートは寝坊するのかよくわかんなかったが、まあ、きちんと起きてました。
飯は別だったんだけどね(笑)


さて、出発の遅い三人組(トリオ・ザ・ポケヲタとたった今命名(笑))を残し、先に旅立った。

大阪に限らず、関西の鉄道って結構柔軟なんだね。
まず、東日本では「●●線は△▽番ホーム」と普通は決まっているが、関西ではホームはかなり兼用になっている。だから、悪く言えば次の電車が何線なのか分からないが、かなり柔軟に駅が利用されている。
さらに、関西はえらい長距離路線がある。岐阜県のほうから兵庫の先のほうまでなんと4県にまたがって運行する電車がざらにあるのだ。かなり乗っている時間が長い。かなり便利だが、乗り続けると疲れるから初心者は気をつけよう。

・・・おっと、余談がすぎた。


大阪から和歌山へ直行する電車が出ていたので飛び乗った。
そして和歌山は4分でスルー(だって時間がないんだもん)。
海南駅へ。田舎かと思ってたら結構都会だった。
そのままバスに乗り込み和歌山県立自然博物館へ。


和歌山県立の博物館なんで、高校の生徒手帳を見せるとなんと無料!

<見所>
和歌山県の自然だけだが、コレが大ボリュームだ!!

・巨大ホシエイの泳ぐ黒潮水槽(ギンガメアジやカスミアジの巨大なのも群れてる)

・ハナギンチャク類やウミサボテン。結構珍しい。

・サケガシラやフリソデウオの標本。

・和歌山の魚たち。日本の魚だがコレがまた多彩!

・小さなキューブ水槽の群れ。見落とさなければかなりレアものだらけ。

・超巨大なオオサンショウウオとオオウナギ。どこでもみないほどでかい。

サラサカクレカニダマシ日本近海初の発見だって。


そんなこんなで。
結構時間ギリギリまで粘って見て、バスへ飛び乗った。


海南駅から乗り込み、海南→御坊→紀伊田辺→串本と乗り継いだ。
途中からトリオ・ザ・ポケヲタの一人Hughと合流し、対戦しながら串本へ向かった。

串本駅にはガレオスとアルバートがすでに待っていた。タイトルどおり、先に野郎どもは付いてまして。先についてりゃ遅刻は安心だね(笑)



串本の宿は、温泉に入りたいというHughの希望で温泉ホテルだった。俺の旅では贅沢すぎるほどの宿。なんと部屋は4人一緒の大部屋、しかも菓子がついていて、布団も向こうでひいてくれるという超豪華な宿!
(それでもJTBで値切って安く泊まったんですけどねw)


夕飯はバイキング。宿ででるってすごいね~
しかも地元の名物が食い放題。マグロの刺身なんか1柵分ぐらい食ったかもしれない。新鮮でうまいんだもん。
ほかにも太刀魚のから揚げやキビナゴ・タラの芽の天ぷら、筍ご飯や和歌山ラーメン(笑)など。
腹いっぱい食わせていただきました。この日は胃は悪くなかったんだね(笑)


そして温泉。塩化物泉で、硫黄分もあるようだ。結構いい湯だったよ。なんと露天風呂まで付いている。
でも、俺ぐらいだろうね。春の夜の寒い中で水風呂に浸かっているのは・・・・・
ちなみに、トリオ・ザ・ポケヲタの連中は水風呂に入ったけどギブアップしてました。

そんなこんなで夜は対戦三昧(略)

more»

旅行2日目は、これまためづらしい、全員一緒の行程になりました!!・・・・・いや、勿論、俺が奴らについていったんではなく、奴らが俺についてきただけなんだけどね。それが証拠に、今回いったのは大阪の代表的な水族館、海遊館だったんだから。それにしても、この頃からだよね、俺の胃が悪くなったのは・・・・・・・







3/26


高松で、予定通りに起床。
隣の寝坊魔ガレオスをたたき起こし、時間通りに朝飯へ。ちゃんと朝飯食うのが俺の旅の秘訣なのです。



電車の時間が迫っていたので、だいぶ急ぎ足で高松駅へ直行。
そして四国脱出。
なんと四国にいたのは時間にして13時間。しかもそのうち半分は寝ていたのだから・・・・・
ホント、四国入りは俺除く三人が四国の地を踏むためだけだったきがします(笑)


そんなこんなで、大阪までかなり急ピッチで向かう。飯はホームで立食いして、電車のなかでポケモンをやり、(詳細は追記で)、大阪から大阪港駅まで乗り継いで海遊館に到着。



で、海遊館で隣に人がいるのは最高に煩わしいので、三人に集合時間を伝え俺だけ単独行動。

海遊館はさすがにスケールが超巨大だね。
何せ8階建ての、「超立体水族館」だから。
俺はゾーンを全ておぼえてます(自慢)


以下ゾーンごとに気に入ったもの

日本の森・・・滝壺の若鮎の群れ。海のイワシ並みにきれいな動き。

アリューシャン列島・・・特になし

モンタレー湾・・・アシカやアザラシの潜水。深さがある水族館の醍醐味。

パナマ湾・・・特になし。ただ乾季の際限なんでエイがパチャパチャしてるのがウケる。

エクアドル熱帯雨林・・・ディスカス+エンゼルフィッシュ。川の展示の大水槽にかなり大きなのがいる。

南極大陸・・・同じく、ペンギンの潜水。かなりガラス面に近いところから潜ってくれる。

タスマン海・・・特になし

グレート・バリアーリーフ・・・珊瑚の下にいるゴシキエビ(ニシキエビ?)。かなり大きい。

太平洋・・・水量5400tの巨大水塊。二頭のジンベエ・マンタ・ナポレオン・カスミアジの群れ・ホシエイ・クエ等。みんな巨大で見ごたえ抜群。

瀬戸内海・・・個人的にはこの水槽がおススメ。食用魚がたくさんいて、タコも蛸壺つきで展示されている。

ケルプの森改めスナメリ水槽・・・前のほうが良かったような・・・・

チリの岩礁地帯・・・イワシの群れの美しさは、ここか「えのすい」かってほど。ただペヘレイがいなくなって残念。

クック海峡・・・アカウミ・アオウミの混泳。

日本海溝・・・地味だが、タカアシガニが結構動く。

ふあふあクラゲ館・・・言わずもがな。


ま、そんなこんなで再入場駆使して三周しました。ちなみに別働隊の三人は一周しただけだそう。もったいないなあ・・・



で、明石焼きを食って海遊館を後にし、宿へ。
その後ある場所へ。追記をどうぞ。←バレバレ

夜はタコ入りのねぎ焼き・エビ入りの焼きそば・チーズ入りのお好み焼きを食った。さすが本場でうまいのだが、俺の食欲が明らかにおちていることを確認。胃が悪いと苦労するのだよ・・・・・


で、また就寝1時と。



more»

俺たちの旅行は、結構ハチャメチャな代物です。そりゃそうでしょ。俺の旅行は、基本一人旅行。それにポケモンヲタの同僚どもが付いてくるような形なんで、俺の単独行動形式は変わらないんです。よって、俺たちは止まる宿だけ一緒で、別々の旅をしてるようなもんなんですよ。しかし、計画段階で破綻してるような輩もいて、いやはや責任者としての苦労は耐えないんですなあ・・・・・・・









さあ、FIKKEの時間がやってまいりました!!
これは、旅行者の苗字の頭文字を採った旅行の名前です。
いや~、俺はネーミングセンスのかたまりですねえ~(←Mr.自惚れ)



詳細はガレオスのページで。ここでは俺の行程をざっとかいときます。





・3/24

東京駅に集合して、ムーンライトながらに乗り込む。もうムーンライトは臨時列車なんだね。さびしい限り。
乗り込んで、ガレオスを足蹴で攻撃しつつ、真っ先に寝ました。
それにしても、ボックスの俺の斜向かいは人気あるんだね。どっちみても俺が見える席をみんなで争うなんて、俺も人気者だな~(笑)


・3/25


大垣駅でダッシュし、全員乗り遅れずに姫路行きにのることができた。
そして、俺は兵庫のさくら夙川駅に到着。え?なに?知らない?   
馬 鹿 者 ! !  ここの発車メロディーはコブクロの「桜」だ!聖地なんだぞ!!



さて、そんなこんなで須磨海浜水族園に到着。
前もいったが、姫路の水族館が休館中だったので仕方ない。てかすばらしい水族館だし。
ただ、波の水槽は故障中でしたw

こんな水族館です。

<フォトギャラリー>


そして、水族館を抜けると、ひたすら高松まで移動。
途中で明石名物の蛸壷弁当「ひっぱりだこ飯」を購入。これで4回目?ずいぶんお好きなようで。
夕暮れの瀬戸大橋を渡り、ターミナル高松に乗り込む。


飯担当のHughの案内で、讃岐うどんの名店へ。最高額の肉天うどんを注文。七味をきかせて食うとコレがまたうまし。ま、俺の汁を飲んだアルバートはその後大変なことになっていたが。


宿では・・・・・・続きをどうぞ。

more»

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 海洋生物至上主義者の生物漬け日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。